2004年07月16日

スポーツ: ツール・ド・フランス 第11ステージ「フランス人×1対スペイン人×2」

「うわぁ、フレチャが逃げてる」という第一感から今日も始まりましたよツール中継。
しかしフレチャは今ツールの元気印だネ(意味不明

というわけで、逃げているフレチャ、マルティネス、モンクティエの3人を追う集団、残り70?差は7分という展開で放送は始まりました。
今日も集団はリオーシュ・ラ・ブーランジェール勢が引っ張っている。
徐々にペースを上げている様子。

残り45?付近、追う集団のスピードが急に緩み落車でもあったのかと思いきや、集団の目前に6,7頭の牛が!!
牛に先導される集団…。
選手も笑うしかないといった風情。
これは愉快な風景だなぁ。(*´д`*)
勝利の女神はは逃げる3人の味方なのかも。

そんなこんなで先頭は残り40?切って差は8分。
イーブンペースで逃げる3人に対し、集団は牛の所為(?)もあってペースが上がらないか?

現地からの中継トラブルなど発生しつつ、残り20分でもまだ差は8分以上。
このステージの勝者は逃げる3人から出ることは間違いない。
いつ誰が出て行くのかなぁ、あとなんでモンクティエばっかポイントとってるのかなぁ?
これでモンクティエ勝ったらぼろ儲けだな。(゚∀゚)

残り10?、まずフレチャが仕掛ける、これに2人が追いついたところでさらにモンクティエがカウンターアタック!
マルティネスは牽制して動かない、いかなきゃ!
そうこうしている間にモンクティエはあっという間に2人の視界から離れていく。
ほんの1、2分程で差は25秒、スペイン人の同齢同士の2人は踏み切れない。
マルティネスはもう逃げるだけ、迷いはない。
一気に40秒差。
2人で協力し合えばまだわからないが、今のままだとこれは勝負ありか。
相変わらず互いを見合う2人、差は1分を超える。
フレチャ、今日も頑張りは報われそうにない。
残り5KM、差は開く一方。
間違いない、勝負あった。( ´-ω-)

ゴール地点はモンクティエの地元だそうで、これは見事に念願成就。
モンクティエ、笑顔のガッツポーズでゴール!
スペイン人の2人を見事出し抜いた。
対する2人、普通同国同士だと仲良いように第三者から見えると思うけど、まあ地域の対抗意識が強いスペインだし。
マルティネスは生粋のバスク人だったのかもしれぬw
フレチャは無念。

今年のツールでフレチャがこんなポーズを取れる可能性があるステージはもう少ないかもしれないけど…、期待してます。

しかし今日は静かなレースだった。
まさに「嵐の前の静けさ」といったところか。
明日からはピレネー、「嵐」となるに相応しい舞台だ。(`・ω・´)
posted by berger at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール・ド・フランス 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポーツ: ツール・ド・フランス 第10ステージ「フランス人によるフランス人のためのツール・ド・フランス」

ついに今年のツールもいよいよ山岳に突入。
総合優勝へを狙う選手たちにとって死闘の幕開け、そして完走を試みる全ての選手たちにとって地獄への第一歩、である。
いざ山へ!(`・ω・´)

放送は残り221Kmから始まった。
すでに一度、逃げは吸収されているらしい。
今日は晴天、やはりツールには太陽が似つかわしい。
レースはなにやらポツポツ逃げを図ろうとしている輩がいるが決まらない。
山岳初日で元気な山岳ジャージ狙いであろうヴィランクあたりがどこかで行く予感がしつつ…、やっぱり仕掛けてるよヴィランク。
そしてスプリンターのホンドが抜け出し、ヴィランクら追走グループが追う展開に。
ホンドはスプリントポイント狙いか、追走集団にのまれるが1位のポイントはきっちり確保する。
そのまま追走集団からヴィランクとアクセル・メルクスが一気に抜け出す!
集団はUSPが引き始める。
ランスとヴィランクの総合タイム差は3分くらい、これは追撃体制か?
さっきの追走集団からはシャバネルが2人に追いつき、残りの10人ほどは大集団に吸収。
じきにシャバネルは脱落し、とりあえずこの体制で落ち着くか。
ただ集団からは単発逃げを狙う輩が続出、安定していない。

残り180?を切り、前2人と大集団の差は2分まで広がる。
どうやらこの体制で落ち着いたらしい。
あとは2人がどこまで逃げられるか、いかんせん2人じゃ厳しい気がするけど。(・ω・`)

この後、ヴィランクは確実に1位の山岳ポイントを加算していく。
メルクスが2位、現山岳ジャージのベッティーニが3位という流れが続く…。

残り100?、2人と集団の差は9分25秒。
レースは、これからこの日もっとも厳しい勾配の登りにさしかかっていく。
しかし、集団は追わない。
マイヨを着るヴォエックラー擁するブリオーシュ・ラ・ブーランジェールが集団の先頭でペースを握っているが、全く無理して追わない。
ヴォエックラーのマイヨジョーヌのキープが第一であろう、リオーシュ・ラ・ブーランジェールとしては当然の戦略、問題は他のチームだが…。
やっぱり山岳初日、さらに本格化する今後の山岳レースに向けて、総合を狙うチームは動かないか。
今日のコースは今回のツール最長、いろいろな意味でリスク高し。
山岳ジャージ狙いのヴィランクはここで山岳ジャージの行方を決めてしまいそう。
レースの序盤から抜け出して最後まで9箇所すべての山岳ポイントをトップで独占なんて真似は中々できないだろうし。
ヴィランクは総合狙ってないから、こういう思い切ったアタックができる。
狙い通りのアタックをきちんと成就させそうなヴィランクは本当に凄いと思うけど、少し複雑。
こういう獲り方すると山岳ジャージの価値が少々落ちてしまうような気がして。
総合を狙った末の山岳ジャージであってほしいというのは私の我がままなんでしょうかきっとそうでしょう。
いっそ総合を狙ってしまえヴィランクw(無知蒙昧

そうこうしている間に厳しい登り勾配にメルクスが遅れる。
ヴィランクが一人旅になりそう。
メルクスは限界か。
集団後方ではマヨに立て続けにメカトラブル、自転車を交換。
総合狙いの選手たちは皆集団前方にいるので、こういうロスはなにかと面倒。
集団のペースも上がっているし。
どうも今年はマヨの年じゃなさそうだよなあ。
それにしてもマイヨジョーヌのヴォエックラー&リオーシュ・ラ・ブーランジェールは頑張ってる!

集団前方でTモバイルの選手がクラュシュ!
ケスラーだ。
オーバースピードでコーナーに突っ込んでしまったか。
チーム関係者に促され、再びヨロヨロと自転車を走らせるケスラー。
痛々しい。
さらにイノーも落車!
起き上がることもできず、かなり重傷のようだ。
落車の連鎖現象というのは嫌なもんです…。(‐人‐)ナムナム

残り20?、メルクス、集団にのまれる。
…お疲れさん。
ヴィランクと集団の間は7分。
勝負あった。
あとは集団前方に居並ぶ総合を狙う選手たちに動きがあるか…。

ここにきてリオーシュ・ラ・ブーランジェールは2人でマイヨジョーヌを護衛している。
山岳でもなんとかかんとかヴォエックラーを護りながらここまできている。
明日以降も同様の護衛体制を敷けるかどうか疑問だが、今日の健闘には拍手だろうし、あとはヴォエックラー本人がどれだけそれに報いることができるか、でしょう。
周囲の思惑通り単なるマイヨジョーヌの間借り人に終わるか、それ以上の存在になれるのか、興味津々。

スタートから約6時間、リシャール・ビランクが見事にゴール。
自らの思惑通りにレースを演出し、見事に制した。
集団は5分19秒遅れでゴール。
総合狙いの選手は問題なく集団の先頭でゴールできたようだ。
ステージ優勝で山岳ジャージゲットのヴィランクとともに、同じくフランス人であるヴォエックラーも黄色いジャージをキープし、フランス革命記念日に花を添えたといえる。∩( ・ω・)∩ ばんじゃーい
彼が今後どこまでマイヨ・ジョーヌをキープできるかに、かなり興味が湧いてきた第10ステージでした。(´ー`)
posted by berger at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール・ド・フランス 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポーツ: ツール・ド・フランス 第9ステージ「あきらめたらそこで試合終了ですよ」

とりあえず、気を取り直して空白の3日分のツール記事をUPしまする、せっかく書いたんで…(なんか管理画面がやたら重いですが。)
ニーズがないことなど百も承知、なんたってココは自己満足スポーツニュース雑記ってのが売りなので(どんな売りやねん…


放送が始まると、はて、マヨ様が山岳ポイントを取っている…。
山岳ジャージを狙い始めたか?
アノ落車があった所為で総合は少々厳しい状況なので、山岳ジャージやステージ優勝にモチベーションをシフトして頂ければ、応援する側としても張り合いがあって良いです。(`・ω・´)

一日はさんで地理的にもずいぶん南下したにも関わらず、相変わらず天気が悪い。
今年のツールは曇天とともに移動しているのか…。

明日から始まる山岳ステージを控えた今日は、その序章と言えるような緩やかな登り下りが続くコース。
明日が山岳レースなら、今日はその麓にてレースって感じですかね。
レースは2人逃げていて差は1分、徐々に開きつつある状況。
集団からはポツポツ単独でのアタックも見られる。
まだ山岳ステージではないけど、このコースでペースが上がるとスプリンター達には厳しいかもしれん。
スプリントポイントではマキュアンがキッチリ。
明日から山、スプリンター達には試練の時来たれり、だ。
集団からはまた一人,クローンが抜け出し、先頭にシメオニとランダルーチェ、間にクローン、後ろに集団という体制に。
それぞれの差がどんどん開いていくが、さて…。

ウルリッヒが止まってサドルを調整している。
ストップ・ザ・ランスの筆頭はあんたなんだからしっかりしてくれや。

残り50?、既にクローンは吸収、山岳ジャージのベッティーニ(クイックステップ)が先頭に立ち集団を引っ張り始め、一時10分以上まで広がった差がみるみる詰まり始める。
これはスプリンターを擁するチームが、ゴール前のスプリント勝負に持ち込みたいという意向からか、ボーネン擁するクイックステップ、ヒュースホーウト擁するクレディアグリコールといったスプリンターを擁するチームが思いっきり集団を牽引。
マキュエンとオグレディの緑のポイントジャージ争いも熾烈を極め各チームの思惑が錯綜する中、クレディアグリコールは先日に引き続きモロー、クイックステップはビランクまで引っ張り出して先頭を追う!
強力なローテーション!
必死だw
ならもう少し早く追っておけよ、と思わないではないw

残り30Km4分45秒差!
ここへきて10?で1分を遥かに上回るペースで差を詰めてきている、これは追いつくかな?
前の2人はペースを上げない。
わざとなのか気付いてないのか限界なのか、後ろが卑怯なまでのローテ体制で追っているだけに、もう少しペースを上げないと…。
先頭残り25?3分59秒差。
先頭残り20?3分02秒差。
先頭残り10?を通過、差は1分30秒。
キッチリ捕まるペース…、と思いきやここで集団の中央で落車!
これで集団はペース的にどうなるのか…、おいおい集団からフレチャらがアタックかよ!
フレチャ元気だなぁ。
この新しい追走集団には6人いる。
これで追う集団のペースはまた上がりそうだ。

残り4?、前の2人に牽制している余裕はない、シメオーニはむしろ限界か?
ランダルーチェはいつシメオーニを見切るか?
集団からは小規模なアタックが乱発、ペースは上がる。
差は27秒!
残り2?、後ろを振り返るランダルーチェ!
彼の視界にはもう集団が映っているはず。
彼の心の耳に聞こえしテーマはさしずめ「ジョーズ」のテーマか?(ちなみにこの時の私の心に聞こえしテーマは「BIG WAVEやってきた」by渡辺美里)
彼の心に映りし心象風景は、津波に襲われる光景か、はたまたブラックホールに飲まれる光景か、それとも…?

さあ残り1?、集団がクル━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
先頭の2人、なんか牽制シテル━━━━(゚Д゚)━━━━!?
んな場合じゃないぞ!
彼らの背後には無情にもツイスターのような大集団が迫る!
けれどもゴールも目の前!
ランダルーチェよシメオーニなどにかまっている時間は1秒たりともないのだぞ!(いつのまにかランダルーチェ寄りで放送を見ていた私)
んなあぁぁぁぁゴール目前、ランダルーチェ集団にのまれたあ!
スプリンター達が固まって突っ込んできたゴールライン、最後は誰が勝った??
オグレディ?マキュエン?ヒュースホーウト?ザベル?
マキュエン!!
大混戦の中、タイヤ半分差!
凄いっ!

シメオニは随分早くから足が鈍っているように見えたので、ランダルーチェいつ単独で行くのかなぁって思ってたんだけど…。
集団に睨まれて縮こまってしまったか、結局金縛り。
残り50mで捕まって、最後の25mで差される展開なら…、なんとかなったはずだろランダルーチェ!


では最後に、ラスト25mで125Kmの努力が水泡に帰したランダルーチェのコメントについて触れておきましょうか。

ランダルーチェ(エウスカルテル・エスカルディ/スペイン)
今日の逃げが失敗したことについて
「後ろからスプリンターが追い上げてきていることは分かっていたから、最後の10kmは全力を尽くした。でも後ほんのわずかのところで追いつかれてしまって、本当に残念だ。最後の2kmで、ダメかな、と思った。でも後ろは振り向かなかった。」
(France2 Velo Clubより)


あきらめたらそこで試合終了ですよby安西先生
ダメかな_| ̄|○、って思った時点で彼の負けは事実上決まってしまったのかもしれません。
ランダルーチェに安西先生がいなかったのが悔やまれる。
posted by berger at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール・ド・フランス 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フッカ━━━━(゚∀゚)━━━━ツ!!

嗚呼っ!!俺のブログ見れたぜイェ━(´ε`*)━( ´ε)━( ´)━(   )━(` )━( 3` )━(*´3`)━ィ!!!!
長かった。
ブログ初めて10日で、こんな挫折を味わうとは。_| ̄|○
この数日、キタカ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!?とコネェ━━━━━━(゚A゚;)━━━━━━ !!の繰り返しでいささか疲れてしまいましたよ…。

ぽつぽつ定期的に訪れてきてくれていると思しき方も何人かいらっしゃいそうな雰囲気もアクセス解析見てたかぎりでは感じられたので、このブランクでまた出直しだなと思うと色々少々寂しげなものもありますが、また1からリスタートです。
っていうか今度こんなことあったらJUGEMは絶対やめるゾ(゚Д゚)ゴルァ!!
posted by berger at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月13日

サッカー: 柳沢が残るか、帰るかは協会の判断

セルビア・モンテネグロ戦前日 ジーコ監督会見全文より…(今更こんなの読んでる私もどうかと思うが)
――3人の欧州組がいますが、クラブはそろそろ始動します。彼らの集中力、特に柳沢については、監督はどのようなアドバイスをしているのか?
>>良い質問。「特に柳沢」と強調しているのもスバラシイ。この問いに対し、機械のように隙がなく、そっけなく、ある種の冷酷ささえ感じさせる回答を重ねるジーコに、さらに…
――柳沢はチームに残るのでしょうか?
>>などと、追い討ちをかけてくれるインタビュアー、あんた素敵だ。それに対するジーコの答えに私、辟易する以前に少々呆れました。

ジーコ「残るか、(クラブに)返すか、それはあくまで協会の判断。残るならどう使うかは私の判断。今のところは何とも申し上げられません。少なくとも明日のメンバーには、彼は入っているということで、あとは全力で臨んでほしいというのが監督としての願いです。」

>>…「願い」ってなんやねん、と(意訳なのかもしれんが…)。全力で臨むことを願わなければならない選手なんて選ぶなよ。確かに選ぶ権利はあんたにあるけど、そんな奴選ぶべきじゃないだろ。あんたが選ばなきゃ協会だって難しいこと考えなくて良かったし、なにより柳沢だって…。ジーコ、あんたにとってヤナギサワって一体何なのよ!?一介の駒?奴隷?お気に入りのペット?…勘弁してやってください・゜・(ノД`)・゜・

以上、ジーコ監督会見全文からちょっと揚げ足とってみましたm(_ _)m
posted by berger at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカー: なにからなにまで対照的な仏と独の新監督選び

フランス代表新監督にドメネク氏というニュース。
引く手数多といわれていたフランス代表監督ですが、フランスサッカー協会は「名前」では監督を選ばず「継続性」を重視した格好でしょうか。
ドメネク氏は11年間ユースでの監督を務め、現在のフランスA代表メンバーのほとんどは彼が送り込んできたそうで。

この人事、W杯フランス大会以来成功を重ねてきたフランスの「凄み」を感じさせられます。((((;゚Д゚))))
今フランスが徐々にチーム力を下げつつあるというのは今回のユーロでも明らかになったわけで、当然ジダン、アンリ、ピレス、マケレレ、ビエイラ、トレゼゲ、ビルトールらの現主力選手から次世代のシセ、ゴブー、メクセス、カポらへの移行が必要になってくるわけで、それには現世代の選手も次世代の選手も良く知るといわれるドメネク氏の就任は理にはかなってます。
そんなドメネク氏のような人材がいること自体の凄み、名前ではあきらかに見劣りする彼を躊躇なく引く手数多のA代表監督に就けさせることができる凄み、をフランスサッカー協会に感じてしまうわけです。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
ただ、理にかなっていることが上手くいくとは限らないのもサッカーの世界。
フランスの現主力選手が成し遂げた功績の偉大さも次世代の選手たちには大きな壁となるでしょうし。
フランス代表の行く末に注目。(☆ω☆)

うってかわって、まったく人気がないドイツ代表監督職(まあ代表監督自体不人気職といえるので、フランスのそれが異常だとも思えますが)。
ビッツフェルト、レーハーゲルに断られた挙句、次は自国の英雄マテウスだそうで(;´Д`)
そういえばベンゲルにも声かけてましたね。
果たして2006年、笑うのはドイツかフランスか、今から楽しみです( ´∀`)
posted by berger at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月12日

NBA: どこがK・マーティンのMAX契約を引き受けるのか?

K・マーティンのサイン&トレへの道を模索してるようで。
考えてみれば当然の戦略ですね。(・ω・ )
NJNは6年$80Milなんてマッチしようがないでしょう。
再契約だと最長の7年に$100Milオーヴァー級になっちまうし。
サイン&トレで見返りを得るのが一番自然な流れなように思えます。
まあマッチの可能性も絶無ではないのですが(少なくともNJN&JキッドにとってはK・マーティンは重要な駒だと思うので、MAXの是非は置いといて、っていうか昨年NJNが再契約交渉時マーティンに提示したっていう6年$60Mil、今にして思えばすごく適正な価格に思えるよ…、あれが断られた時点で放出が基本線でしょ)。
んでサイン&トレ、DEN相手だとアンドレ・ミラーあたりがトレード相手の軸、なんですかね。
それともよもやキャンビー?
簡単には纏まらなさそう。
ただ、サイントレだと最長7年になるのよ、7年。
7年MAX級でK・マーティン。
_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○
ATLもDENも冷静になって、もうちょっと値切ってみません?('A`)
K・マーティンは今笑いが止まらないのだろうし、うちら他人事だから笑ってすませられる話だけど、…ファンは泣くぞ多分、なんか他人事でも泣けてきた。( つωT)
posted by berger at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | NBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカー: 只今シャッフル中

監督のシャッフルが大体完了したように見受けられる、欧州の主要クラブ。
今度は選手の番のようです。

チェルシーのモリーニョ監督「クレスポが出て行くならドログバが欲しい」
インテルのカンナバーロがユベントス移籍を希望
ローマ、フェラーリ獲得目前
インテル、ダービッツを獲得

ヤフーの今日の分のヘッドラインをちょっと覗いてみただけでも、ざっとこの有様。
当分はこんな感じでしょう。
実際は来シーズンの蓋を開けてみるまで確たることは何も言えません。
確定してから整理するのが吉かと。
日本では中田ヒデの動向話が日夜花を咲かせてますが。
噂話に振り回されても、ね┐(´ー`)┌
ま、これはNBAでもおんなじ気はするのですが(なぜか、やめられないとまらない♪

ただ噂話には振り回されないぞ宣言をした矢先になんですが、チェルシーの動向は少し気になる…。
また一からチーム作り直しそうな気配なわけで、お金あるチームは贅沢というか迂遠なことやるなぁと。(´・ω・`)
posted by berger at 17:56| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポーツ: ツール・ド・フランス 第8ステージ

レース序盤からモロー(!)が逃げを図ったりと、細かい動きが頻発したようですが、放送は3人が逃げを決め集団が追うという既に安定した状況から始まりました。

ここまで荒れに荒れていたけど、今日は静か〜( ´∀`)
平地のステージレースらしいといえばらしい展開っす。
あとは集団がキッチリ3人を捕らえられるかどうか。
今年のツールは、こういう展開で意外に集団が前を捕らえるのに手こずってますし。
スプリンターを擁するチームが集団のコントロールにあまり上手くいってないというか熱心でないせいでしょうか。

…残り9?でキッチリ吸収しましたね(;´Д`)
今日はアクシデントもなし…、と思ったら5人くらい落車してるし!
犬が飛び出したそうで…、巻き込まれた選手たちはついてないなあ。(´・ω・`)
スプリンターの為に変な逃げを許さないという意図で、集団はクリストフ・モローがハイペースで引っ張り縦長の展開に。
総合を狙うべき存在であるモローがこういう役回りというのは少し寂しい(モローはランスから6分近く離されている)。
残り1?、ベッティーニが早仕掛け、そしてマキュアンらスプリンターたちが次々と仕掛けていく…。
中々、純粋なスプリント勝負にはならないなぁ。
勝ったのは第2ステージ後にマイヨジョーヌを着たハスホーウト∩( ・ω・)∩
ハスホーウト、マヨらが一気に遅れた第3ステージの落車騒ぎのゴタゴタで、アッという間に順位を落としてしまいましたが、調子自体はとても良いようですネ。
ハスホーウトはモローのチームメイト、モローの苦労は報われた展開に。
緑のポイントジャージはオグレディを抑えたマキュエンの手に。
めでたしめでたし。
posted by berger at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール・ド・フランス 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポーツ: 小橋健太はカッコイイ

ノア初のドーム大会のメインを張った、小橋vs秋山のGHCヘビー戦の話題。
コレとかコレ見て思ったのこと。
Σ(;゚Д゚)新手のキン肉バスターですか!?
間違いなく小橋健太はゆでたまごの想像力を超えている…
ついでに後者の写真でΣ(゚Д゚)な顔を晒しているレフェリーがユースケ・サンタマリアに一瞬見えました(乱視

いやぁ、プロレスに熱上げて見ることがなくなってから随分経ちますが、やはり小橋健太はプロレスファンの敬意を集めるべき誇れる存在でしょう∩(・ω・)∩
こんなこと言ってる自分は川田ファンだったりしますが。(´Д`)
posted by berger at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。