2004年07月22日

サッカー: U-23日本×U-23韓国

まあとにかく気になるのは我らが曽ヶ端が先の失策からどのように立ち上がるか、だけですわ、鹿島ウォッチャーとしては。
というわけで、あまり気をいれずメモりながら見る。....〆(・ω・` )カキカキ

開始早々にユサンチョル、平山と競り合って流血、担架で退場。
なにやら荒れ模様ナリ。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
ソガのファーストタッチ、PAギリギリの際どいボールを味方選手と見合いそうになりながら無難にも危うくも見えるクリア。
(;・∀・)ドキドキ。
続けてソガ、PA内で粘られた挙句に打たれたチェデルクのシュートをセーブ、正面だけど。
これで少しは落ち着きますかね。
なんにせよ今日は出番が多そう。
今度は折り返しに対して、飛び出し「かろうじて」触れコースを変える。
…どうもまだ危なっかしいな、ソガ。(;´Д`)
とにかく失点に繋がる致命的なミス(チョンボ)をしないことがソガのGKとしての売りの一つだと私は思っとりますので、そういう意味で先日のミスはソガとしてはかんなり痛恨だったはずなので…、とにかく落ち着いて欲しいっすな。
どうもまだ浮き足立ってるように思われ。
しっかし日本、サイド簡単に破られとるのう、えぐられまくっとる。
ソガはクロスへの対応が多くなりそう。
序盤、日本はまだ攻めのカタチ見られず。

以下、前半メモ書き。
韓国、守備は少し甘いか。
人数余っていても危ない空間が空くこと多し。
大久保、田中はそこを突けるか?
日本は中盤でサイドにボール運んでもとにかく攻めにならん。
人に強く縦に強い韓国のサイドとは対照的。
とにかくはやく大久保、田中に前を向かせなければ…。
それにしても中盤でボール獲っても中々前に進まん。
中盤では「集団」で守れているが、ボール奪ってからは「集団」で攻められない、もとい攻めさせてくれない。
まず一対一で勝てないし、なんとかなりそうだとファールで潰される。
今のところ、そのファールで得たセットプレーから活路を見出すしかないか…。
大久保は元気そう。
ただ「元気」に留まっているうちが花の選手なので、時が進むごとに不安に。
試合が膠着すればするほど危険度は高まるでしょう。
前半20分くらいからは韓国のハイペースも落ち着き、日本の守備も機能しているように見える。
大久保&田中の早い段階&広範囲のフォアチェック、そして今野&阿部の両CMFのボール奪取力も上々。
自陣サイド深くに広げられる前に中盤で奪えているし、サイドが使われることがわかったことによる慣れも感じる。
那須、モニワの対応が良くなった。
トゥーリオは…、ちょっとカリカリしていて嫌な感じだが。
とか書いているうちにチョゼジンにサイド破られてるが、34分。
まあそれでも守備のリズムはよろしいんじゃないでしょうか?
しっかし韓国の選手はどいつもこいつも1on1からクロスを上げる術を心得ていやがる。
こいつは教育の成果なのかなあ。
日本はサイドプレーヤーが枯渇寸前なので、ちょっと羨ましく。
日本の攻め手は、裏へ抜ける田中・大久保の動きと、平山ポスト経由の2つか。
でも彼らに中盤から良いパスが中々出てこない。
もし小野が入れば、と思うが、しかし誰を外すか。
そして機能していないと思われるサイドからの攻め手は?
今日のメンバーで小野入れるなら森崎OUT小野INが良さげに思うが…、とここで前半終了。

ソガなんですが、ま〜だぎこちないなぁ。(・ω・`)
連携もぎこちないし、本人のプレー自体もぎこちない。
付き合い始めて間もない中学生くらいのぎこちないカップル、そのぎこちなさに頭悩ませる中坊男子=ソガってなイメージだ。(*´д`)
五輪後、不調モードでチームに帰ってきそうで激しく不安。
今年ようやく去年の怪我から引きずっていた不調モードから回復したのに…。
強面だが朴訥な田舎人は急激な環境の変化に弱いのだろうか。
ソガ、強面だが意外とナイーヴな。
山本にゾンザイな扱いを受けて帰ってこないことを祈る。(‐人‐)ナムナム

以下、後半メモ書き。
あれは駒野か?
森崎に代えたか。
納得の交代に思える。
後半5分韓国CKから繋いでクロスにソガ…、かぶんなよぉ。(`Д´)
やっぱぎこちねぇ。
この試合だけじゃなく近い将来のソガが、どんどん不安になっていく。
こらこら中継、ウォーミングアップするGKなんか映さないでくれよ。(´TωT`)
ますます不安に。((;゚Д゚)
しっかし韓国サポ、ヒステリックで五月蝿い。(`皿´)ウゼー
普段耳にする日本代表のサポの威力に乏しい音量もどうかと思うが、こっちはこっちで嫌だ。
サポーターってのはその国の国民性を良く表す。
で、徳永に代えて石川IN。
山本、殴り合いを選んだか。
石川IN自体の是非はともかく、少々分が悪い気はする。
入ったとたん、石川サイドからピンチを招くが、ここでソガ、ファインセーーブ。
しかし奥寺、ソガのファインセーブにケチをつける。
気分を害したので音声OFFに。
私は奥寺の自分の気に食わない選手をネチネチといたぶる解説が大っ嫌いだ。( ゚д゚) 、ペッ
誰も不快に感じないんだろうか、感じないんだろうな、あんまそんな話聞かないし、わしだけか。(´・ω・`)ショボーン
そして田中OUT松井IN。
うーーーん、どうよ、これ?
後半もかれこれ30分に差し掛かろうとしている。
ここでちょっと暴走気味になりつつある大久保がPA手前中央でFKゲト。
暴走気味と言ったのは、そこは左サイドから走りこんできていた松井にPASSだろっ何ボールこねくりまわしとるんやっ、て思ったからで。
まあファールもらえたから良かったものの。
そろそろ良くないモードに突入したかも、大久保。
で、大久保OUT坂田IN。
かと思いきや今野が怪我。
鈴木啓太がメンバーを外れた今、今野は絶対必要不可欠な存在(そもそもなぜ啓太が外れるのかと…このチームにモメンタムを呼び込める人材はトゥーリオと啓太しかいないのに)。
結局今野OUT坂田IN。
そしてすぐさま大久保OUT北本IN。
今日の日本の守備、中々集中が切れなくてよろしいんじゃないでしょうか。
継続して良いリズムで守っていると思います。
まあ韓国の攻めもバリエーションに乏しく思いますが。
でも少しずつ中央から強引に突破を試みようとする様子も伺えるので、この強引さは要注意かな。
で、ロスタイム、危ないシーンも見られたがなんとかかんとか試合終了。
スコアレスドロー。

小野、いるね。(゚?゚)イルネ
高原なんて選ばないで、もうひとり中盤選んでも良かったかも。
まあ山本氏にハナっからその気がなかったんだろうから言っても詮無き事だが。
ソガ、また叩かれるんだろうなぁ。(つД`)
あと今野が心配。
鈴木啓太がなぜかメンバーを外れてしまった今、彼を失えば中盤守備は崩壊しかねん。
っていうかなんで鈴木啓太をメンバーから外すか謎。
菊池が入っている意味など全くわからんし(彼が入っていることは戦術面や戦力的な意味ではない他意が働いているのかもしれないが)。
小野が入ったから鈴木啓太がハブかれた?
意味が分からんわ!ヽ(`Д´)ノ
まあ自分の理解できないことに蓋をするのは良い行為ではないと思うが、こればっかりはさすがに…。
posted by berger at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカー: 柳沢アジア杯欠場 について

すっかり旬を過ぎ去った話題で恐縮ですが…。
これもみんなJugemのせいってことでご勘弁


とにかく良かったヨ。\(゚∀゚)/
そしてこの結果は、きっと柳沢本人が「断固拒否」した結果なんだ!(メッシーナ側のプッシュに協会が妥協した可能性はこの際無視します、精神衛生上w)

だってジーコは言うまでもなく柳沢の立場など全く忖度しないし(特に鹿島の選手に対しては身内意識からくる甘え故か、酷く冷酷な扱いをする)、田嶋技術委員長はジーコの立場は慮っても選手やクラブに対してはひたすら召集する権利を主張するだけの存在だし川渕キャプテンなどに至ってはキリンカップ後「FWがこれ以上いなくなると(アジア杯で)万が一のときに勝てない。代表で結果を残してクラブでレギュラーを取る気概でやってほしい。」などとのたまう始末。
クラブで頑張ったからこそ代表に選ばれるべきであって、Jで頑張っていても代表に選ばれないFW達が不憫でならない。
そもそも代表で結果を残したところで、メッシーナでレギュラーが保障されるわけでもあるまいて。
そんな気概は一切必要なし。
メッシーナで結果を残して、再び袖にした代表に選ばれてやるという気概を持て!

しかし今後の彼のキャリアをちっとは考えてやれよ、と。
そんなことを一切忖度せず代表選手を選出するのが「正しい方法論」というのであれば、柳沢本人が断固たる意思を監督なり協会なりに表明しない限り、事態は動かないのでしょうし。
そういう意味で、柳沢の今回の行動は圧倒的に正しい。
監督や協会が間違っているわけでなく、柳沢が正しい、のだ。

しかし今に始まったことでもないけど、本っ当に川渕という人間は自分の都合でしか物を言えない嫌な人間になってしまった。(゚A゚* )
昔はこんなでもなかったように思うが…、これが老害ってやつなんすかね。(;´Д`)
とにかくこんな四面楚歌の状態で、アジアカップの辞退に成功したということは柳沢本人の断固たる意思があったからとしか考えられないでしょ、やっぱし、そうなんでしょ?誰かそうだと言ってくれ!ヽ(`Д´)ノウワーン(しかし誰一人「選手の立場」をキチンと考えてやれる人間がいないってのは…、日本代表、っていうか日本サッカー協会って酷い組織だ)

しっかし、柳沢からはいつだって「断固」たる意思なんて類のものを感じることができなかったので、今回こんな形とはいえ無理矢理気味とはいえ、それを嗅ぎ取ることができて凄く嬉しい。(´∀`)
「代表召集拒否」ですよ?
古今東西、そんなことしでかすのは素行の悪いスタープレーヤーと相場は決まってるわけですよ(偏見
いやぁ渡欧前のヤナギからは考えられん。
彼自身追い詰められていたとはいえ、こいつは立派な「成長」だ。
Jラスト試合のインタビューを現地で聞いた時には「こいつ帰ってくる気満々だな…_| ̄|○」と、実に鬱な気分にさせられたものだが。

とにかく、とにかく頑張ってくれよ!
メッシーナだってこんなに期待してるんだぞw
半年で帰ってくるなんてことのないように!
posted by berger at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月13日

サッカー: 柳沢が残るか、帰るかは協会の判断

セルビア・モンテネグロ戦前日 ジーコ監督会見全文より…(今更こんなの読んでる私もどうかと思うが)
――3人の欧州組がいますが、クラブはそろそろ始動します。彼らの集中力、特に柳沢については、監督はどのようなアドバイスをしているのか?
>>良い質問。「特に柳沢」と強調しているのもスバラシイ。この問いに対し、機械のように隙がなく、そっけなく、ある種の冷酷ささえ感じさせる回答を重ねるジーコに、さらに…
――柳沢はチームに残るのでしょうか?
>>などと、追い討ちをかけてくれるインタビュアー、あんた素敵だ。それに対するジーコの答えに私、辟易する以前に少々呆れました。

ジーコ「残るか、(クラブに)返すか、それはあくまで協会の判断。残るならどう使うかは私の判断。今のところは何とも申し上げられません。少なくとも明日のメンバーには、彼は入っているということで、あとは全力で臨んでほしいというのが監督としての願いです。」

>>…「願い」ってなんやねん、と(意訳なのかもしれんが…)。全力で臨むことを願わなければならない選手なんて選ぶなよ。確かに選ぶ権利はあんたにあるけど、そんな奴選ぶべきじゃないだろ。あんたが選ばなきゃ協会だって難しいこと考えなくて良かったし、なにより柳沢だって…。ジーコ、あんたにとってヤナギサワって一体何なのよ!?一介の駒?奴隷?お気に入りのペット?…勘弁してやってください・゜・(ノД`)・゜・

以上、ジーコ監督会見全文からちょっと揚げ足とってみましたm(_ _)m
posted by berger at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカー: なにからなにまで対照的な仏と独の新監督選び

フランス代表新監督にドメネク氏というニュース。
引く手数多といわれていたフランス代表監督ですが、フランスサッカー協会は「名前」では監督を選ばず「継続性」を重視した格好でしょうか。
ドメネク氏は11年間ユースでの監督を務め、現在のフランスA代表メンバーのほとんどは彼が送り込んできたそうで。

この人事、W杯フランス大会以来成功を重ねてきたフランスの「凄み」を感じさせられます。((((;゚Д゚))))
今フランスが徐々にチーム力を下げつつあるというのは今回のユーロでも明らかになったわけで、当然ジダン、アンリ、ピレス、マケレレ、ビエイラ、トレゼゲ、ビルトールらの現主力選手から次世代のシセ、ゴブー、メクセス、カポらへの移行が必要になってくるわけで、それには現世代の選手も次世代の選手も良く知るといわれるドメネク氏の就任は理にはかなってます。
そんなドメネク氏のような人材がいること自体の凄み、名前ではあきらかに見劣りする彼を躊躇なく引く手数多のA代表監督に就けさせることができる凄み、をフランスサッカー協会に感じてしまうわけです。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
ただ、理にかなっていることが上手くいくとは限らないのもサッカーの世界。
フランスの現主力選手が成し遂げた功績の偉大さも次世代の選手たちには大きな壁となるでしょうし。
フランス代表の行く末に注目。(☆ω☆)

うってかわって、まったく人気がないドイツ代表監督職(まあ代表監督自体不人気職といえるので、フランスのそれが異常だとも思えますが)。
ビッツフェルト、レーハーゲルに断られた挙句、次は自国の英雄マテウスだそうで(;´Д`)
そういえばベンゲルにも声かけてましたね。
果たして2006年、笑うのはドイツかフランスか、今から楽しみです( ´∀`)
posted by berger at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月12日

サッカー: 只今シャッフル中

監督のシャッフルが大体完了したように見受けられる、欧州の主要クラブ。
今度は選手の番のようです。

チェルシーのモリーニョ監督「クレスポが出て行くならドログバが欲しい」
インテルのカンナバーロがユベントス移籍を希望
ローマ、フェラーリ獲得目前
インテル、ダービッツを獲得

ヤフーの今日の分のヘッドラインをちょっと覗いてみただけでも、ざっとこの有様。
当分はこんな感じでしょう。
実際は来シーズンの蓋を開けてみるまで確たることは何も言えません。
確定してから整理するのが吉かと。
日本では中田ヒデの動向話が日夜花を咲かせてますが。
噂話に振り回されても、ね┐(´ー`)┌
ま、これはNBAでもおんなじ気はするのですが(なぜか、やめられないとまらない♪

ただ噂話には振り回されないぞ宣言をした矢先になんですが、チェルシーの動向は少し気になる…。
また一からチーム作り直しそうな気配なわけで、お金あるチームは贅沢というか迂遠なことやるなぁと。(´・ω・`)
posted by berger at 17:56| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月11日

サッカー: セレッソ、梶野氏が強化責任者に

C大阪が統括Dを交代
大倉降格→梶野氏統括ディレクター就任だそうです。
なにやら迷走している感が否めなかったセレッソですが、先日の監督交代と今回の人事で落ち着きを取り戻すのかな。(・ω・ )
Cサポは胸を撫で下ろしていそう。
でもホントの問題は、彼らの上に立つ立場の人間にあるのかも。
いつだって詰め腹させられるのは現場の人間ですもんね。(´・ω・`)
まあ他所事なので詳しい話はサッパリですが(調べれ
posted by berger at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカー: 減らすことには手を打たないの?

頭にかぶっても警告−得点喜ぶユニホーム脱ぎ
警告を出すことよりも減らすことについて真剣に討議してください!ヽ(`Д´)ノ

コレといい今回の話といい、貴様等Jリーグを警告乱発リーグにするつもりですか、いやもうそうなってしまってるけどさ。
チェアマンは多少は分かっているようですが、全然腰が重いし。
最近のJリーグを見ていて審判にはらわた煮えくり返る思いをしている人は多い、というかほとんどの人がそう思っているハズ。
悠長に構えている場合ではないほど現状は深刻だぞ。
日本サッカー協会なんて今儲かってしょうがないって話なんだから、協会マネーで名立たる優秀な外人審判を大量に招聘して下さいよ。
日本人審判の育成なんて二の次で良いのですよ、正直、観客の立場からすれば。
選手が頑張ったって、審判がアレじゃ報われん。_| ̄|○
posted by berger at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月10日

サッカー: 日本3−1スロバキア

最近、代表のプレマッチには大して興味が湧かない私…。
今日も眠たくなるような試合を展開(実際に少し寝たのは内緒だ)。
鹿島ファンの私としては今日の鈴木をどう評価すればいいのか、まあ毎試合ああいうゴール決めてくれれば良いのですが、多分そうじゃないんだろうしなぁ(´・ω・`)
あと、中村俊輔。
彼は何を目指しどこへ向かおうとしてるのか…、とにかくスルーパスとプレースキック「だけ」でどこまでチームに貢献できるのか追求しようとしてるのだろうか。
やれやれだぜ¬(  ̄ー ̄)┌
最後に坪井…。
まった怪我人ですよ。
一通り全員怪我し終わったら連敗街道の悪寒。(|| ゚Д゚)

他、ニュースで気になったのはコレ
名だたる欧州の名門クラブによるドゥドゥ獲得レース!!
…彼、欧州で通用するの?(´・ω・`)
posted by berger at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月08日

サッカー: なでしこジャパンて

とても(*´д`*)ハァハァ できそうにありません…
あとどうして中年はダジャレに傾倒してゆくのでしょうか…(;´Д`)

男子のほうは高原が合宿に合流。

まあ期待しないほうが吉でしょ。
そのほうが活躍したときの喜びもひとしおだろうしw

そのほかでは…、レアルは会長選が終わるまで身動きとれず、と(・ω・ )

そしてJ、名古屋と新潟がテコ入れ。
羨ましすぎ。
あんの牛社長やる気あんのかね、ったくよう(´・ω・`)=3 
posted by berger at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月07日

サッカー: C大阪に前大分監督の小林氏

ずいぶん思い切った目標デスネ(1stはビリ)

「第2ステージ5位以内狙う」という目標が適切かどうかは別にして、最近のセレッソにしては堅実な選択をしたような。
なにか今のセレッソに足りないものを補完してくれそうな、相当嫌らしいチームになる、かもしれませぬ。
鹿島の応援をする身としては結構憂えてしまうのですよ、なんせ今の時点で鹿島はセレッソ結構苦手だし…(´・ω・`)
しかし新外人はまたまたクロアチアン。
懲りないというか一発狙ってるというか悪い代理人にだまされている可能性が否定できないというか…(・ω・ )

あとついでにダービッツがインテルだそうで。
バルサとの再契約話がうまくいってないってのは聞いていたので驚きはないですが。
しかし代わりの守備的な中盤の選手に誰を連れてくるのかわかりませんが、ダービッツがいないことを後悔する日が来なければいいのですが。
で、デコ獲得。
デコはチェルシーじゃなかったんですね。
バルサ、積極的!!(`・ω・´)
posted by berger at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月06日

サッカー: ビアンチ辞任

ボカのビアンチ監督が辞任
意外でした。
やっぱり次期アルゼンチン監督は彼なのでしょうか。
ボカの新監督は早速決まったそうで。
posted by berger at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月05日

サッカー: ユーロ2004 ファイナル POR 0-1 GRE

それにしてもアディダスのCMは(・∀・)イイ!!ですな
最近では商業主義に毒されたサッカーなどと揶揄もされますが、こういうの見ちゃうとちょっとくらい毒されてもいいなと思っちゃいます。

と、あまり関係ない話題から入ってしまいましたが、ギリシャお見事でした。
後半ちょっとボールが前へ運べなくなってきたかなぁギリシャ…、と思った矢先にCKから先制!
そして守りきって勝利とまさにプラン通り。
ポルトガルも失点後、ルイコスタ投入した時にはクルカ━━━━(゚∀゚)━━━━!?(ルイコスタ好き)と思いましたし、実際押し込みはしたんですが…。
個人的にはセットプレーで精細を欠いていたのが気になりましたねぇ(引いたギリシャに対してアレ以上のことがポルトガルにできるともあまり思えなかったりしたので)。
貴重なセットプレーをきっちり活かし切ったギリシャとは対照的でした。
でもまあここまできて勝てないってのも実にポルトガルらしくはあるなと。

それにしてもギリシャの選手はガタイもゴツくて強いし、一対一自由にさせないし、守備でも滅多に集中切らさない。 
ああいう強さは日本にはないものなんで羨ましかったですねぇ。
ギリシャのサッカーに関しては「つまらない」とか「モダンじゃない」とかメディアでも自分の周囲でも(w色々と意見批判非難ありましたが、勝つためにリスクを少なくするサッカーというのは当然アリでしょう。
ギリシャの場合攻めるのにリスクはかけてないけど、攻めても守っても複数の選手がきっちり連動した動きを見せていて意思の疎通は感じるので「退屈」だとは思いませんでしたし。
けど確かにこういうサッカーが「常勝」になってしまうと、ちょっと辟易してしまいそうですねw
まあ今期はCLのポルト、ユーロのギリシャ、ついでにリベルタドーレスのオンセカルダス、と何か必要以上にリスクをかけない規律や戦術を重視したサッカーが「常勝」になる時代がくるのかなぁとも思えますが…、それでも来シーズンはまた違う風が吹いているような気もします(根拠ナシ

なんにせよギリシャの優勝、ホントお見事でした∩( ・ω・)∩
posted by berger at 05:43| Comment(2) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月03日

サッカー:レイソル、動く

柏の新監督は早野かあ。

レイソルは1st15位。
監督交代は頷ける。
ただ池谷氏はこのままバッサリなんすかね。
柏一筋のサッカー人生で、おそらく選手からの人望はあったのだろうし、今後どう処遇するんでしょう。

しかしダジャレ王かぁ
監督やらせるより解説やらせたほうが見てる側からすると楽しいし、多分柏サポ的にもそのほうが・・・(;´Д`)

実際問題、早野じゃ多分勝てんゾ。
早野って現有戦力にふさわしい結果と大体同じ、もしくはやや斜め下あたりの結果を出す印象が・・・。
開幕前、金かけて補強したけど上手くいかなかった柏。
リスタート前にキッチリ金かけて追加補強できるかが早野政権の命運を握りそう。
現有戦力で早野だと苦労しそう。




・・・よく見たら契約期間半年なんすね。
記事書いた後気付いた。
こりゃ来年までの繋ぎか?
今年はJ2降格枠ほとんどないし。
そんな事やってると降格したりして。
社長は言い訳してますが、正直苦しいですなぁ。
「柏レイソル日本一プロジェクト」(3カ年計画)に、目標は『Jリーグ制覇』〜卓越した選手と戦術の保持〜、ねえ・・・。
3カ年計画計画はいきなりの軌道修正だろうし、卓越した戦術を保持するため選んだのがダジャレ王というのは・・・。
言うは易し、ですね。(´・ω・`)
posted by berger at 07:44| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月02日

サッカー:ジーコ様。勘弁してやってください!

キリン杯代表辞退したはずなのに
メッシーナ合宿参加したかったのに

なにやら柳沢の怨嗟の声が聞こえるようですが・・・・(|| ゚Д゚)
いやジーコ様、ホントに勘弁してやってください!・゜・(ノД`)・゜・。
メッシーナ合宿こそ柳沢の正念場なのですよ・・・(もう正念場は過ぎ去ったなんて突っ込みはナシで)。

真面目な話クラブで駄目な選手は大抵代表でも駄目なわけ(逆だとそうとは限らんが)で、クラブで使えている選手を選んでこその代表だと私のような素人は思うのですよ。
でもジーコ様は我々素人や凡人とは異なる視点で選手を評価してるフシがあるからなあ。
それにしてもジーコは自分の仕事のためには他人の立場など一顧だにしない酷薄な人間ですな。
まあジーコの負けず嫌いエピソードの数々を耳にしてきた鹿サポなら、さして驚くような事実ではないですが。
監督という職業、目先の勝利のためにやれることはすべてやるというのは正しい姿ではあると思いますが、別のアプローチもあるんじゃないかと・・・。

とにかく本人が「断固拒否」することが正しい選択でしょ。
クラブ側はもちろん本人が「断固拒否」ド━(゚Д゚)━ ン !!! 
そしてメッシーナで結果を残したら・・・、ジーコ様、あの時のご無礼は勘弁してやってください、と平身低頭して代表に選んでもらいましょう、ってかそんな必要もなく選びますなジーコなら。
ホント、ジーコ様。勘弁してやってください!!m(_ _)m

ところでこのクラブも怒ってますね、なんか。
でも久保はJリーグ、強行とはいえ出続けてたわけで、あまり同情心が沸いてこないのは、FMに対する僻みですか、そうですかw
posted by berger at 13:25| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカー:リベルタドーレス決勝2nd

今見てたんだけど、オンセ・カルダスが勝ったよ!∩( ・ω・)∩
・・・別に∩( ・ω・)∩するほどオンセ・カルダスが好きなわけじゃないんだけど(むしろ退屈ぎみなサッカーでイヤン)、解説の金田さんのボカびいきが目に余ったので、PK戦でボカの選手がしょぼくれた風情でPK外す度に∩( ・ω・)∩な気分に。
いや別に金田さん自体は嫌いじゃないでんすよ、むしろ好き。
まあ一種の判官ビイキってヤツですよ。
自分は縁もゆかりもないスポーツ見るときは、この視点ばっかですw
posted by berger at 12:09| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。