2004年07月24日

スポーツ: ツール・ド・フランス 第18ステージ「ガルシアコスタの悔恨」

フレチャが逃げてるワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!
で、今日の放送は始まりましたワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!
総合はもう決まっちゃったし、よし決めた、おじさんはフレチャを応援するゾ!
逃げてるのはフレチャを含め6人。
・・・フレチャ、頑張れよ。

集団、のどかなムードだなぁ。
ランスの表情も緩い。マターリ( ´∀`)
ウルリッヒと談笑しているランス。
談笑
ま〜だ明日一応TTがあるんだけど・・・、なんかもう終わりだなぁ、って感じ、しません?
の━━━━━⊂ ´⌒つ´∀`)つ━━━━━んびりっ。
山よ、さらば〜。( ゚∀゚)ノシ
というわけで、残り40q。
先頭の6人に動きはなし。
まあゴールまでに誰かは仕掛けるでしょ。
残り10q切ったくらい、最後の4級山岳の下り入ってからが勝負どころかなあ。
フレチャが仕掛けるに一票。
はてさて。

残り15q手前、まずジョリが仕掛ける。
5人、追いついてさらにメルカド!
メルカドがどんどん仕掛ける。
これはアタック決まったか?
ガルシア・コスタが追う。
それにつられて他の4人も追い始めるか。
ガルシア・コスタ、メルカドに追いつく。
4人は追えないか・・・。
ここで遅ればせながらフレチャがイッタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
ほんと、遅ればせながらだが。_| ̄|○
このフレチャのアタックでジョリ一人遅れる。
2人vs 3人の戦いに。
後ろの3人、追いつけるかなぁ。
残り10q、ジョリが3人に追いつきそう。
ようするに後ろの3人が遅いってことだ。_| ̄|○
こりゃ前の2人で決まりだな。
やっぱこういう展開、後手に回るとキツいや。
駆け引きするなら前に追いついてからにしてもらいたいもんです。
残り5q、前の2人と後ろの4人との差、約30秒。
残り3q、差は20秒、4人ローテが効いてきたか徐々に追撃体制に。
間に合うか?
残り1q、後ろを振り返る2人!
後ろから迫る4人、だがこの距離なら2人逃げ切れそう。
ゴール前500mくらいか、メルカドに前を促すガルシア・コスタ。
ここは駆け引きをしている場合ではないということか。
しかしメルカド、中々前に出ない。
残り200m、メルカド仕掛ける!!
一瞬反応が遅れるガルシア・コスタ。
ともに激しいスプリント!
勝ったのはメルカド!!
競馬で言えば、1番人気の馬をマークしてキッチリ差し切った2番人気の馬、みたいな(比喩下手
これはしてやったりだなぁ・・・。
ゴール後、ガルシア・コスタの悔恨のポーズが印象的だった。

集団では新人賞、スプリント賞の争いが激化。
特にマキュエン、ハスホーゥト、ザベル、オグレディの4人が僅差で争うスプリント賞争いが激しい。
山岳以前の力関係だとマキュエンが優位に立っていたが・・・。
集団残り1Km、Tモバイルが引っ張る。
そしてスプリンターの各アシスト達が前に出て引っ張り始める!
スプリンター達、なだれ込むように一気にゴールへ!
勝ったのは、マキュエン?ハスホルト?オグレディ?
上空からの映像を見ると一目瞭然、ハスホルトだ!
続いてマキュエン。
これでハスホルトはマキュエンに1P差を詰めた。
たった1Pではあるが・・・。
この激戦振りを見ると、スプリント賞争いは最後までもつれそう。
マキュエンが有利だとは思うけど、さてどうなりますかねぇ。
posted by berger at 12:59| Comment(1) | TrackBack(0) | ツール・ド・フランス 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは今までの動画の中でも最高の騎乗位だった。 おかずにはもってこいだな。またくるよ。
Posted by 佐伯日菜子 怖い at 2013年06月13日 19:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/348935

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。