2004年07月22日

サッカー: U-23日本×U-23韓国

まあとにかく気になるのは我らが曽ヶ端が先の失策からどのように立ち上がるか、だけですわ、鹿島ウォッチャーとしては。
というわけで、あまり気をいれずメモりながら見る。....〆(・ω・` )カキカキ

開始早々にユサンチョル、平山と競り合って流血、担架で退場。
なにやら荒れ模様ナリ。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
ソガのファーストタッチ、PAギリギリの際どいボールを味方選手と見合いそうになりながら無難にも危うくも見えるクリア。
(;・∀・)ドキドキ。
続けてソガ、PA内で粘られた挙句に打たれたチェデルクのシュートをセーブ、正面だけど。
これで少しは落ち着きますかね。
なんにせよ今日は出番が多そう。
今度は折り返しに対して、飛び出し「かろうじて」触れコースを変える。
…どうもまだ危なっかしいな、ソガ。(;´Д`)
とにかく失点に繋がる致命的なミス(チョンボ)をしないことがソガのGKとしての売りの一つだと私は思っとりますので、そういう意味で先日のミスはソガとしてはかんなり痛恨だったはずなので…、とにかく落ち着いて欲しいっすな。
どうもまだ浮き足立ってるように思われ。
しっかし日本、サイド簡単に破られとるのう、えぐられまくっとる。
ソガはクロスへの対応が多くなりそう。
序盤、日本はまだ攻めのカタチ見られず。

以下、前半メモ書き。
韓国、守備は少し甘いか。
人数余っていても危ない空間が空くこと多し。
大久保、田中はそこを突けるか?
日本は中盤でサイドにボール運んでもとにかく攻めにならん。
人に強く縦に強い韓国のサイドとは対照的。
とにかくはやく大久保、田中に前を向かせなければ…。
それにしても中盤でボール獲っても中々前に進まん。
中盤では「集団」で守れているが、ボール奪ってからは「集団」で攻められない、もとい攻めさせてくれない。
まず一対一で勝てないし、なんとかなりそうだとファールで潰される。
今のところ、そのファールで得たセットプレーから活路を見出すしかないか…。
大久保は元気そう。
ただ「元気」に留まっているうちが花の選手なので、時が進むごとに不安に。
試合が膠着すればするほど危険度は高まるでしょう。
前半20分くらいからは韓国のハイペースも落ち着き、日本の守備も機能しているように見える。
大久保&田中の早い段階&広範囲のフォアチェック、そして今野&阿部の両CMFのボール奪取力も上々。
自陣サイド深くに広げられる前に中盤で奪えているし、サイドが使われることがわかったことによる慣れも感じる。
那須、モニワの対応が良くなった。
トゥーリオは…、ちょっとカリカリしていて嫌な感じだが。
とか書いているうちにチョゼジンにサイド破られてるが、34分。
まあそれでも守備のリズムはよろしいんじゃないでしょうか?
しっかし韓国の選手はどいつもこいつも1on1からクロスを上げる術を心得ていやがる。
こいつは教育の成果なのかなあ。
日本はサイドプレーヤーが枯渇寸前なので、ちょっと羨ましく。
日本の攻め手は、裏へ抜ける田中・大久保の動きと、平山ポスト経由の2つか。
でも彼らに中盤から良いパスが中々出てこない。
もし小野が入れば、と思うが、しかし誰を外すか。
そして機能していないと思われるサイドからの攻め手は?
今日のメンバーで小野入れるなら森崎OUT小野INが良さげに思うが…、とここで前半終了。

ソガなんですが、ま〜だぎこちないなぁ。(・ω・`)
連携もぎこちないし、本人のプレー自体もぎこちない。
付き合い始めて間もない中学生くらいのぎこちないカップル、そのぎこちなさに頭悩ませる中坊男子=ソガってなイメージだ。(*´д`)
五輪後、不調モードでチームに帰ってきそうで激しく不安。
今年ようやく去年の怪我から引きずっていた不調モードから回復したのに…。
強面だが朴訥な田舎人は急激な環境の変化に弱いのだろうか。
ソガ、強面だが意外とナイーヴな。
山本にゾンザイな扱いを受けて帰ってこないことを祈る。(‐人‐)ナムナム

以下、後半メモ書き。
あれは駒野か?
森崎に代えたか。
納得の交代に思える。
後半5分韓国CKから繋いでクロスにソガ…、かぶんなよぉ。(`Д´)
やっぱぎこちねぇ。
この試合だけじゃなく近い将来のソガが、どんどん不安になっていく。
こらこら中継、ウォーミングアップするGKなんか映さないでくれよ。(´TωT`)
ますます不安に。((;゚Д゚)
しっかし韓国サポ、ヒステリックで五月蝿い。(`皿´)ウゼー
普段耳にする日本代表のサポの威力に乏しい音量もどうかと思うが、こっちはこっちで嫌だ。
サポーターってのはその国の国民性を良く表す。
で、徳永に代えて石川IN。
山本、殴り合いを選んだか。
石川IN自体の是非はともかく、少々分が悪い気はする。
入ったとたん、石川サイドからピンチを招くが、ここでソガ、ファインセーーブ。
しかし奥寺、ソガのファインセーブにケチをつける。
気分を害したので音声OFFに。
私は奥寺の自分の気に食わない選手をネチネチといたぶる解説が大っ嫌いだ。( ゚д゚) 、ペッ
誰も不快に感じないんだろうか、感じないんだろうな、あんまそんな話聞かないし、わしだけか。(´・ω・`)ショボーン
そして田中OUT松井IN。
うーーーん、どうよ、これ?
後半もかれこれ30分に差し掛かろうとしている。
ここでちょっと暴走気味になりつつある大久保がPA手前中央でFKゲト。
暴走気味と言ったのは、そこは左サイドから走りこんできていた松井にPASSだろっ何ボールこねくりまわしとるんやっ、て思ったからで。
まあファールもらえたから良かったものの。
そろそろ良くないモードに突入したかも、大久保。
で、大久保OUT坂田IN。
かと思いきや今野が怪我。
鈴木啓太がメンバーを外れた今、今野は絶対必要不可欠な存在(そもそもなぜ啓太が外れるのかと…このチームにモメンタムを呼び込める人材はトゥーリオと啓太しかいないのに)。
結局今野OUT坂田IN。
そしてすぐさま大久保OUT北本IN。
今日の日本の守備、中々集中が切れなくてよろしいんじゃないでしょうか。
継続して良いリズムで守っていると思います。
まあ韓国の攻めもバリエーションに乏しく思いますが。
でも少しずつ中央から強引に突破を試みようとする様子も伺えるので、この強引さは要注意かな。
で、ロスタイム、危ないシーンも見られたがなんとかかんとか試合終了。
スコアレスドロー。

小野、いるね。(゚?゚)イルネ
高原なんて選ばないで、もうひとり中盤選んでも良かったかも。
まあ山本氏にハナっからその気がなかったんだろうから言っても詮無き事だが。
ソガ、また叩かれるんだろうなぁ。(つД`)
あと今野が心配。
鈴木啓太がなぜかメンバーを外れてしまった今、彼を失えば中盤守備は崩壊しかねん。
っていうかなんで鈴木啓太をメンバーから外すか謎。
菊池が入っている意味など全くわからんし(彼が入っていることは戦術面や戦力的な意味ではない他意が働いているのかもしれないが)。
小野が入ったから鈴木啓太がハブかれた?
意味が分からんわ!ヽ(`Д´)ノ
まあ自分の理解できないことに蓋をするのは良い行為ではないと思うが、こればっかりはさすがに…。
posted by berger at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。