2004年07月22日

サッカー: 柳沢アジア杯欠場 について

すっかり旬を過ぎ去った話題で恐縮ですが…。
これもみんなJugemのせいってことでご勘弁


とにかく良かったヨ。\(゚∀゚)/
そしてこの結果は、きっと柳沢本人が「断固拒否」した結果なんだ!(メッシーナ側のプッシュに協会が妥協した可能性はこの際無視します、精神衛生上w)

だってジーコは言うまでもなく柳沢の立場など全く忖度しないし(特に鹿島の選手に対しては身内意識からくる甘え故か、酷く冷酷な扱いをする)、田嶋技術委員長はジーコの立場は慮っても選手やクラブに対してはひたすら召集する権利を主張するだけの存在だし川渕キャプテンなどに至ってはキリンカップ後「FWがこれ以上いなくなると(アジア杯で)万が一のときに勝てない。代表で結果を残してクラブでレギュラーを取る気概でやってほしい。」などとのたまう始末。
クラブで頑張ったからこそ代表に選ばれるべきであって、Jで頑張っていても代表に選ばれないFW達が不憫でならない。
そもそも代表で結果を残したところで、メッシーナでレギュラーが保障されるわけでもあるまいて。
そんな気概は一切必要なし。
メッシーナで結果を残して、再び袖にした代表に選ばれてやるという気概を持て!

しかし今後の彼のキャリアをちっとは考えてやれよ、と。
そんなことを一切忖度せず代表選手を選出するのが「正しい方法論」というのであれば、柳沢本人が断固たる意思を監督なり協会なりに表明しない限り、事態は動かないのでしょうし。
そういう意味で、柳沢の今回の行動は圧倒的に正しい。
監督や協会が間違っているわけでなく、柳沢が正しい、のだ。

しかし今に始まったことでもないけど、本っ当に川渕という人間は自分の都合でしか物を言えない嫌な人間になってしまった。(゚A゚* )
昔はこんなでもなかったように思うが…、これが老害ってやつなんすかね。(;´Д`)
とにかくこんな四面楚歌の状態で、アジアカップの辞退に成功したということは柳沢本人の断固たる意思があったからとしか考えられないでしょ、やっぱし、そうなんでしょ?誰かそうだと言ってくれ!ヽ(`Д´)ノウワーン(しかし誰一人「選手の立場」をキチンと考えてやれる人間がいないってのは…、日本代表、っていうか日本サッカー協会って酷い組織だ)

しっかし、柳沢からはいつだって「断固」たる意思なんて類のものを感じることができなかったので、今回こんな形とはいえ無理矢理気味とはいえ、それを嗅ぎ取ることができて凄く嬉しい。(´∀`)
「代表召集拒否」ですよ?
古今東西、そんなことしでかすのは素行の悪いスタープレーヤーと相場は決まってるわけですよ(偏見
いやぁ渡欧前のヤナギからは考えられん。
彼自身追い詰められていたとはいえ、こいつは立派な「成長」だ。
Jラスト試合のインタビューを現地で聞いた時には「こいつ帰ってくる気満々だな…_| ̄|○」と、実に鬱な気分にさせられたものだが。

とにかく、とにかく頑張ってくれよ!
メッシーナだってこんなに期待してるんだぞw
半年で帰ってくるなんてことのないように!
posted by berger at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。