2004年07月22日

スポーツ: ツール・ド・フランス 第14ステージ「踏んだり蹴ったりのエウスカルテル」

ピレネー後の平坦コース…。
ランス包囲網がほぼ壊滅状態で、なにやら気の抜けた風情でレースを見てますが…。( ゚д゚)ポカーン
ぽつぽつと逃げを狙う選手がいるけど、なっかなか決まらない。

まだ残り90Kmくらいあろうか…、USPが集団をコントロールしている隙に、アイトール・ゴンザレスやサンチャゴ・ボテーロらが飛び出す。
集団を落ち着かせたいUSP的にも逃げたメンツ的にも、そろそろ逃げが決まるかな。
ひ〜ふ〜み〜…と、逃げてるのは10人?
お、第9ステージで事実上の主役を張ったランダルーチェもいるよ、こいつにゃ期待できないなw(;´Д`)
レースは残り半分、逃げ切れるかな?

9人を逃がして集団はすっかりピクニック気分。

サイクリングサイクリングヤッホーヤッホー♪
…しかし、スプリンターを擁するチームは動かないのかな。
このままだと前の10人からステージ優勝者が出そう。
残り60Kmで差は5分半、さて。

残り50?で10分差!
これはもう前の10人で決まり。
誰が抜け出すか…。
この時点で確信めいた予感が一つ、ランダルーチェが勝負に出ることはないだろう!!ド━(゚Д゚)━ ン

みるみるうちに残り10?を切り、未だ動かない先頭の10人。
集団との差は既に13分以上。
まずイゴール・ゴンザレスが仕掛けた!
ここからアタック合戦が勃発、が中々逃がしてはくれない。
残り7?付近、アタック合戦が一旦収束し、一度集団がひとつにまとまった次の瞬間、アイトール・ゴンザレスが後方から仕掛けた!
残された9人の集団は牽制しあって中々動かない、っていうか9人中2人を占めるエウスカルテルの2人、ランダルーチェとマルティネス!
お前らなんとかしろよ!!
痺れを切らしてイゴール・ゴンザレスが一人で抜けようとするが、ペースが上がらない。
っていうか、エウスカルテルの2人、追えよ!ヽ(`Д´)ノ
フェデリコが一人追いかけるがどうにも…、結局イゴールと2人して脚尽きる。
ここからエウスカルテル2人を置いて、ニコラ・ジャラベール、マンジャンが飛び出していく。
それにしてもエウスカルテル…。
アイトールの脚は全く衰えない。
凄まじい勢いでゴールに突き進む。
強い!
後ろ9人、束になってかかっても無理だったかもしれない。
ゴール前の直前、遥か後方にようやくマンジャン、ジャラベールがかすかに見えるがまったく届きそうにない。
2年前のヴエルタの覇者アイトール・ゴンザレスが完勝!
続いてジャラベール、マンジャン。
結局エウスカルテルの2人は逃げた10人中最後方。
せっかく2人で逃げ集団に加わったのに全く活かせず…。
エウスカルテル…。_| ̄|○

予感、的中してしまったよ、あんまし嬉しくはないが。
とりあえずランダルーチェとマルティネス、このエウスカルテルの2人は今年のツール、もう逃げなくてよろしい!
2人ともイエローカード二枚で退場!!m9( ゚Д゚) ドーンって気分ですよ、こりゃ。
posted by berger at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール・ド・フランス 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。