2004年07月16日

スポーツ: ツール・ド・フランス 第9ステージ「あきらめたらそこで試合終了ですよ」

とりあえず、気を取り直して空白の3日分のツール記事をUPしまする、せっかく書いたんで…(なんか管理画面がやたら重いですが。)
ニーズがないことなど百も承知、なんたってココは自己満足スポーツニュース雑記ってのが売りなので(どんな売りやねん…


放送が始まると、はて、マヨ様が山岳ポイントを取っている…。
山岳ジャージを狙い始めたか?
アノ落車があった所為で総合は少々厳しい状況なので、山岳ジャージやステージ優勝にモチベーションをシフトして頂ければ、応援する側としても張り合いがあって良いです。(`・ω・´)

一日はさんで地理的にもずいぶん南下したにも関わらず、相変わらず天気が悪い。
今年のツールは曇天とともに移動しているのか…。

明日から始まる山岳ステージを控えた今日は、その序章と言えるような緩やかな登り下りが続くコース。
明日が山岳レースなら、今日はその麓にてレースって感じですかね。
レースは2人逃げていて差は1分、徐々に開きつつある状況。
集団からはポツポツ単独でのアタックも見られる。
まだ山岳ステージではないけど、このコースでペースが上がるとスプリンター達には厳しいかもしれん。
スプリントポイントではマキュアンがキッチリ。
明日から山、スプリンター達には試練の時来たれり、だ。
集団からはまた一人,クローンが抜け出し、先頭にシメオニとランダルーチェ、間にクローン、後ろに集団という体制に。
それぞれの差がどんどん開いていくが、さて…。

ウルリッヒが止まってサドルを調整している。
ストップ・ザ・ランスの筆頭はあんたなんだからしっかりしてくれや。

残り50?、既にクローンは吸収、山岳ジャージのベッティーニ(クイックステップ)が先頭に立ち集団を引っ張り始め、一時10分以上まで広がった差がみるみる詰まり始める。
これはスプリンターを擁するチームが、ゴール前のスプリント勝負に持ち込みたいという意向からか、ボーネン擁するクイックステップ、ヒュースホーウト擁するクレディアグリコールといったスプリンターを擁するチームが思いっきり集団を牽引。
マキュエンとオグレディの緑のポイントジャージ争いも熾烈を極め各チームの思惑が錯綜する中、クレディアグリコールは先日に引き続きモロー、クイックステップはビランクまで引っ張り出して先頭を追う!
強力なローテーション!
必死だw
ならもう少し早く追っておけよ、と思わないではないw

残り30Km4分45秒差!
ここへきて10?で1分を遥かに上回るペースで差を詰めてきている、これは追いつくかな?
前の2人はペースを上げない。
わざとなのか気付いてないのか限界なのか、後ろが卑怯なまでのローテ体制で追っているだけに、もう少しペースを上げないと…。
先頭残り25?3分59秒差。
先頭残り20?3分02秒差。
先頭残り10?を通過、差は1分30秒。
キッチリ捕まるペース…、と思いきやここで集団の中央で落車!
これで集団はペース的にどうなるのか…、おいおい集団からフレチャらがアタックかよ!
フレチャ元気だなぁ。
この新しい追走集団には6人いる。
これで追う集団のペースはまた上がりそうだ。

残り4?、前の2人に牽制している余裕はない、シメオーニはむしろ限界か?
ランダルーチェはいつシメオーニを見切るか?
集団からは小規模なアタックが乱発、ペースは上がる。
差は27秒!
残り2?、後ろを振り返るランダルーチェ!
彼の視界にはもう集団が映っているはず。
彼の心の耳に聞こえしテーマはさしずめ「ジョーズ」のテーマか?(ちなみにこの時の私の心に聞こえしテーマは「BIG WAVEやってきた」by渡辺美里)
彼の心に映りし心象風景は、津波に襲われる光景か、はたまたブラックホールに飲まれる光景か、それとも…?

さあ残り1?、集団がクル━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
先頭の2人、なんか牽制シテル━━━━(゚Д゚)━━━━!?
んな場合じゃないぞ!
彼らの背後には無情にもツイスターのような大集団が迫る!
けれどもゴールも目の前!
ランダルーチェよシメオーニなどにかまっている時間は1秒たりともないのだぞ!(いつのまにかランダルーチェ寄りで放送を見ていた私)
んなあぁぁぁぁゴール目前、ランダルーチェ集団にのまれたあ!
スプリンター達が固まって突っ込んできたゴールライン、最後は誰が勝った??
オグレディ?マキュエン?ヒュースホーウト?ザベル?
マキュエン!!
大混戦の中、タイヤ半分差!
凄いっ!

シメオニは随分早くから足が鈍っているように見えたので、ランダルーチェいつ単独で行くのかなぁって思ってたんだけど…。
集団に睨まれて縮こまってしまったか、結局金縛り。
残り50mで捕まって、最後の25mで差される展開なら…、なんとかなったはずだろランダルーチェ!


では最後に、ラスト25mで125Kmの努力が水泡に帰したランダルーチェのコメントについて触れておきましょうか。

ランダルーチェ(エウスカルテル・エスカルディ/スペイン)
今日の逃げが失敗したことについて
「後ろからスプリンターが追い上げてきていることは分かっていたから、最後の10kmは全力を尽くした。でも後ほんのわずかのところで追いつかれてしまって、本当に残念だ。最後の2kmで、ダメかな、と思った。でも後ろは振り向かなかった。」
(France2 Velo Clubより)


あきらめたらそこで試合終了ですよby安西先生
ダメかな_| ̄|○、って思った時点で彼の負けは事実上決まってしまったのかもしれません。
ランダルーチェに安西先生がいなかったのが悔やまれる。
posted by berger at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール・ド・フランス 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。