2004年07月10日

スポーツ: プロ野球界は救いのない展開に・・・

最近じゃ嫌でも耳に入ってくるようになってしまった、プロ野球の1リーグ制問題。
当初、自分も「ストライキのひとつくらいやってみろ」などと軽く煽っていたりしていたわけで、実際ストも辞さぬ展開にはなってきましたが…。

どうもやっぱり駄目そうですわ_| ̄|○

選手サイドから聞こえてくるのは結局どうも「お金」の話ばーっかりなんですよ。
「生活が…」とか「夢がなくなる…」とか、遠まわしですけど。
はぐらかしてる奴、もしくは何も考えてない奴は「ファンのため…」などという最低な逃げ口上。
とにかく自分らの取り分が減るのが嫌だ、と。
もうリンクするのもめんどいのでしないけど、選手のコメントもオーナー側のコメント並に突っ込みどころ満載なのですよ。
まあ労組ですから、選手の「お金」や「雇用」にこだわるのは当然なわけですけど。
それにしたって長期的な「ビジョン」ってものは持てないのか貴様等は、と。
なんの「ビジョン」も持たないまま、とりあえず今の12球団の枠さえ維持できればいいんか、と。
現状じゃ経営的にやってけない球団があるからこんな問題が起きてナベツネごときにつけこまれちまうんだぞ、と。
そこをどうにかしなくていいのか、と。
命名権がどうとかって話じゃないだろ、と。
球団の年棒総額を制限してでも近鉄を生かすような主張をしてみろ、と。
選手側にそれができないからナベツネも怖くないんと違うのか?
このままスト突入したら、ナベツネとそれに群がる乞食達vs銭ゲバプロ野球選手の図式になっちまうぞ、と。
結局誰も将来のプロ野球界のことなんて考えてないんだな、と。
野球でしか生きていけないはずのプロ野球選手達に、自浄能力を期待したけど、薄々感じていたとおり無駄だったようです。
まあ、今選手会で先頭に立ってる選手なんかは引退すれば野球抜きで全然生きていけそうですもんね。
自分らが良い給料さえもらえれば、あとは野となれ山となれ。
人間らしいっちゃらしいけど、この危機的状況でそれしか考えられないってのは失望するな。
とにかくストの先の「ビジョン」、これが見えないとファンだってついてこないでしょう、いくらなんでも(´・ω・`)

…とりあえず三木谷社長、あなたは正しい選択をしたよ、今のところは、だけど。
posted by berger at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。