2004年07月09日

NBA: JAZZ、ブーザーを掻っ攫う(σ・∀・)σゲッツ

ブーザーに去られることになるとは…、一転してCLEは窮地に立ちました(TωT)ノシ

6年$68milが高いかどうかは置いておいて、チームオプション外してミドルで再契約というCLEの方針が完全に裏目に出たと。
しかしビッグマン(だけとは限らないけど今期は)がこれだけ高騰しているFA戦線で、ブーザーにミドルレベルでの契約というのは少々見通しが甘かったのではなかろうか。
ミドル以上の金が出せないなら出せないでチームオプション外すことはないし、最悪サイン&トレで見返りを得る手段だってありそうなものを。
ってかホント、なんでミドル?(゚Д゚)ハァ?って気分になるのでないでしょうか、CLEファンからすると。
来期以降さらなる躍進が期待されていたCLEだが…、あまりにも早く躓いたといえる。

UTAは資金がある今年、完全に戦力を整えにかかってますな。
少々高くしてでも迷いなく買っている。(`・ω・´)
K・マーティン買うより良い結果がついてくる気もします。

しかしそれにしても…、ぶっちゃけ全体的にとにかく高いよ、今年は。
これ全部ドッキリだったなんてオチじゃないだろうな。
契約解禁日、迎えてみれば全く違った形になってたら笑うしかないぞ…
posted by berger at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | NBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。