2004年07月09日

スポーツ: ツール・ド・フランス 第5ステージ「逃げろや逃げろ」

レース序盤からオグレイディ、ヴォクラー、カザー、バックステット、ピールの5人が集団から鮮やかに抜け出し、集団に10分以上もの大差をつけて進む展開になった今日のレース。
天候は相変わらず雨。
そのせいか、追う側の大集団では集団落車が相次ぐ。
結局集団のペースは上がらず…、残り50kmを切ったあたりから展開された5人の熾烈な争いに、第5ステージの勝負の行方はゆだねられた。
で、結果は最後のスプリント勝負で順当(?)にオグレディが抜け出し勝利!

5人と集団とは12分33秒もの大差がついた。
これによりマイヨ・ジョーヌはフランスチャンピオン、トマス・ヴォクラーの手に。
昨日までマイヨ・ジョーヌを着ていたランスとの差は9分35秒
相変わらずの荒れた展開の中、ヴォクラーがどれくらいの期間マイヨを着続けられるのか…。
興味は尽きませぬ。(・ω・ )
posted by berger at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール・ド・フランス 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。