2004年07月21日

雑記: さよならひとつ

今日(2004年7月21日)、職場にて、ひとつの別れがあった。

今の職を辞して、彼は沖縄に発つという。
彼とは特別に仲が良かったというわけではない。
携帯の番号だってメールのアドレスだって知らない。
せいぜい何度か飲みに行ったことがある程度だ。
しかし好感の持てる良い男だった。
精神的な逞しさ、骨格の太さを感じさせる男だった。(体は小さかったが

最後の別れ際、自分は彼に握手を求めた。
握り返された彼の掌から感じられる力強さ。
彼ならどこへいってもやっていけるのだろう。
そう感じた。

人生を生きる力の欠如を自認する自分にとって、彼のその力強さを大いに羨ましく思う。

人生が「さよなら」に溢れているなんてことは井伏鱒二の訳詞を思い返すまでもなく、この年まで生きているとさすがになんとなくは理解できる。
けれど友人も知己もさほど多くない自分は、なるべく些細な「さよなら」も克明に憶えておきたいものなのだ。

あまり日記めいたことを書くのは慎もうと思っていたのですが、まあたまには…ね。
こんな別れをいつか懐かしむ為に、文字にして記しておくのは見苦しい行為でもあるまい。


posted by berger at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。