2004年07月06日

スポーツ: 古田敦也の、労組・プロ野球選手会の「正念場」

とにかく今まで悠々と構えていても何不自由なくやってこれた労組・プロ野球選手会ですが、ここで立ち上がれるかどうかというのは存在意義に関わるでしょう

ここで闘わずして何時闘うのか、と(`・ω・´) 
ストライキのひとつくらいやってみろ、とシャキ━━━━(`・ω・´)━━━━ン!!

もはやプロ野球になんの情も湧かなくなりつつある自分ですが、ここで選手が自らの痛みも省みず必死に闘うというなら応援したいです。
自らの既得権益を守るための闘争をするのなら、もはや見向きもしませんが(既にそんな腐臭もかんじつつ)。
親会社(っていうか読売ですかな、大部分の親会社は既に赤だし)、選手、双方が痛みを厭わないなら解決方法はそれこそ星の数ほどありそうなものですから。
肝心なのは、「枠」を狭めないこと。
こいつは極論ですが、今の枠組みで10球団1リーグをやったらイチローのようなドラフト中位以下のスーパースターが生まれ得る可能性は限りなくゼロになるわけですから…(そういう意味じゃ、むしろ増やせという意見がでてくるのは当然かと。
野球で生計を立てている人間達の先頭に立つハズのプロ野球選手達の自浄努力に期待しつつ見守りたいです。
まあ半ば以上諦めてますけどね、今までプロ野球界を見続けてきた人なら感じてるだろうけど、なんせ選手もオーナーもどいつもこいつも自分の利を切れぬ奴等ばかりだから。ヽ(τωヽ)ノ モウダメポ

しかしここまで読み上げてみるとすごく陳腐で、しかも青臭くて、それでいて大した意見でもなく、やはり自分は頭悪いんだなぁと…(´・ω・`) ショボーン
posted by berger at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポーツ: ツール・ド・フランス 第2ステージ

0:15過ぎ、無事帰宅。
さて我がRD-X3様に録画したツールを追っかけ再生で見るとするか。
録れてねぇよ……_| ̄|○
チューナー側の予約を忘れるという初歩的ミス。
俺は何度同じ過ちを繰り返せば気が済むのだろうか…。
しかも今年は……朝の再放送もないのかよウワァァァンヽ(`Д´)ノ
J SPORTSのアホー(つд∩) ウエーン

やるせない気分満々で、自転車レースファンなら誰もが知っているであろうこちらのサイトから経過&結果の情報を得る。
マキュエンが勝ったらしく、イエロージャージは2位に入ったヒュースホーウトだそうで。
ヒュースホーウトって確か昨日まで総合2位だったからポイントで逆転ですかね。
個人的には"エラスにトラブル発生。パンクか?"ってのが気になって夜も眠れません(自業自得
posted by berger at 00:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ツール・ド・フランス 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月05日

NBA: B・バリーはロケッツ?

Σ(;゚Д゚) マジで決まりなんすかね?

残留かなあと漠然と見てたんでビックリ。

このオフの大人気FA選手のB・バリー、相当な数のチームが狙っておったと思うのですが。
T・マック獲ったロケッツかぁ、微妙っすな。
バンガンディのやりたいであろうスタイルにハマるかどうか。
まあ器用な選手だからそのへんは如何ようにもするか。
T・マックは2番3番で、B・バリーは両Gポジで回していくのかな。
B・バリーをちゃんと使えればロケッツかなり強そう…。
またまた陳腐な感想ですが。
posted by berger at 14:08| Comment(2) | TrackBack(0) | NBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカー: ユーロ2004 ファイナル POR 0-1 GRE

それにしてもアディダスのCMは(・∀・)イイ!!ですな
最近では商業主義に毒されたサッカーなどと揶揄もされますが、こういうの見ちゃうとちょっとくらい毒されてもいいなと思っちゃいます。

と、あまり関係ない話題から入ってしまいましたが、ギリシャお見事でした。
後半ちょっとボールが前へ運べなくなってきたかなぁギリシャ…、と思った矢先にCKから先制!
そして守りきって勝利とまさにプラン通り。
ポルトガルも失点後、ルイコスタ投入した時にはクルカ━━━━(゚∀゚)━━━━!?(ルイコスタ好き)と思いましたし、実際押し込みはしたんですが…。
個人的にはセットプレーで精細を欠いていたのが気になりましたねぇ(引いたギリシャに対してアレ以上のことがポルトガルにできるともあまり思えなかったりしたので)。
貴重なセットプレーをきっちり活かし切ったギリシャとは対照的でした。
でもまあここまできて勝てないってのも実にポルトガルらしくはあるなと。

それにしてもギリシャの選手はガタイもゴツくて強いし、一対一自由にさせないし、守備でも滅多に集中切らさない。 
ああいう強さは日本にはないものなんで羨ましかったですねぇ。
ギリシャのサッカーに関しては「つまらない」とか「モダンじゃない」とかメディアでも自分の周囲でも(w色々と意見批判非難ありましたが、勝つためにリスクを少なくするサッカーというのは当然アリでしょう。
ギリシャの場合攻めるのにリスクはかけてないけど、攻めても守っても複数の選手がきっちり連動した動きを見せていて意思の疎通は感じるので「退屈」だとは思いませんでしたし。
けど確かにこういうサッカーが「常勝」になってしまうと、ちょっと辟易してしまいそうですねw
まあ今期はCLのポルト、ユーロのギリシャ、ついでにリベルタドーレスのオンセカルダス、と何か必要以上にリスクをかけない規律や戦術を重視したサッカーが「常勝」になる時代がくるのかなぁとも思えますが…、それでも来シーズンはまた違う風が吹いているような気もします(根拠ナシ

なんにせよギリシャの優勝、ホントお見事でした∩( ・ω・)∩
posted by berger at 05:43| Comment(2) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポーツ: ツール・ド・フランス 第1ステージ

雨中のレースとなった第1ステージ。
我々一般人が雨中にチャリでMAXスピード出して飛ばしてるだけでも十分ヒヤヒヤするものだが…。
案の定スリップからの落車もあり、レース展開もプロローグでマイヨジョーヌを獲ったカンチェッラーラが所属するファッサポルトロを中心にしたマイヨ争い、二転三転したレース展開とゴール前、中々に魅せたステージレースだったのではなかったですかね。

しかし中継でも言ってたけど、まったく真夏な風情がないですねえ、今のところ今年のツールは。
この天候、続けばレース展開に大きく影響するんでしょうなぁ。

さて明日ですが、この人ファビアン・カンチェッラーラが黄色いジャージをキープできるかどうか。

注目ですネ。
posted by berger at 02:32| Comment(2) | TrackBack(0) | ツール・ド・フランス 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿: FWが点を取って勝っていることにたいして驚ける悲しさ

仕事から帰って鹿島アントラーズvs浦項スティーラーズの結果をチェーック!
FWが点を取ってる!
それも2点も!∩( ・ω・)∩ばんじゃーい
プレマッチとはいえ、この感動はいたく新鮮!
でわさて、2004年1stステージ、鹿島の全18得点(少ねぇなぁヲイ)中、FWの得点は何得点だったでしょう。
うーん、まあ5点か6点くらいは獲ってるよな、さすがに。
ちっと調べてみちゃう?(m・ω・)mカチャカチャ
ええと…、小笠原(MF)が5得点、本山(MF)と石川(DF)とチカシ(MF)とフェルナンド(MF)が各2点、ふむふむ、あとは新井場(DF)が開幕戦ガンバ相手に仇を仇で返すゴール決めてて、ジュビロ戦で岩政(DF)が起死回生の決勝ゴール、金古(DF)が秋田に見せ付けるが如くCKから頭でズドン、中田浩二(MF)も復帰後初ゴール決めて…ん?
…今更思い出したくも振り返りたくもないな_| ̄|○

しかし、浦項スティーラーズ監督の試合後コメント「 印象に残った選手は30番、10番、2番の3選手。とくに30番のスピードに翻弄されてしまった。」
Σ(; Д ) ゚ ゚ <EE〜〜〜ッッ!?
30?30なんですか?マジ?
2とか7とか10とか27と間違えてません?
信じて良いんですか。
誰か浦項スティーラーズ監督を殴ってやってください。
やつはきっと白昼夢を見ているんだ!
   _, ,_  パーン
 ( ;д;)
   ⊂彡☆))Д´)>>監督
posted by berger at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿島アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月04日

雑記: プログをはじめてみたものの

なんか割と殺風景なサイトだあね、我ながら。
記事を投稿するので今のところ精一杯な情けない現状ではあるが。
よし、次の休みの日にゃいろいろグチャグチャにイジくってオサレなプログにしてやるぞ(`・ω・´)
・・・知識ないけど。

posted by berger at 13:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポーツ: ツール・ド・フランス開幕!

今年もやってキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
プロローグらしい、ちょっと浮ついたムード(浮ついてるのは実況の青嶋サンと解説の今中サンだけという説も)もありつつ、けど「なんかこう…血が冷たくなるっていうかさby石丸」的な緊張感もあって(・∀・)イイ!!

今年のツールも当然ランス・アームストロング中心に展開されていくであろうわけですが、まあ去年すこ〜しその鬼脚にも陰りがみられたので・・・、終盤一分一秒を争うマイヨジョーヌ争いが期待できそう、っていうかしたい。
勝っても負けてもランスは今年限りらしいので、最後くらいランスが敗れるシーンが見たいかな。
楽しみ。
ただ去年非常に盛り上げてくれたヴィノクロフ、今年のジロで突然現れた超新星クネゴ、TTの鬼ミラーなんかがいなくてちょっと(´・ω・`) ショボーン

個人的にはイバン・マヨに期待。

強いクライマー、登りで周りの時間を止めることのできるかのようなアタックができるクライマーが好きなので、そういう意味では今一番マヨに萌えてます(*´д`*)ハァハァ
山がなきゃツールなんかにハマってないしね。
・・・嗚呼パンターニ(トラウマ

で、プロローグ。
ランスが好スタート。
対抗のウルリッヒは彼にしては今ひとつ。
マヨは彼にしては上々。
ウルリッヒはここでのランスとの10秒差が最後に響く、なんてことになったりして。
とにかくランスとウルリッヒの「気合」が画面から伝わってくるようなプロローグでした。
今年もこの2人中心かな。
自分はなんだかんだでマヨやハミルトン、シモーニに肩入れして見るんだろうけど。
とにかく全員がんがれ!
posted by berger at 02:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ツール・ド・フランス 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NBA: FA関連の話題

7月1日からFA選手への交渉が解禁されたことで、噂以上の段階に差し掛かった話題がチラホラと・・・。
とりあえず気になるのはマブス。

・ナッシュは5年間6500万ドルでサンズへ
5年だったんですね。
サンズは良いお買い物でしょ(・∀・)
マブスは果たして・・・。

・で、ダニエルズはマブスと6年3800万ドル 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工 
ナッシュ出してダニエルズとこの額この年数で契約っすかぁ。
うーーーん、高いことは間違いないと思うが。
ダニエルズは良い選手だとは思うけど。
なにか意図があるんか?

結局あのオーナーのやることをいちいち気にするだけ無駄なのかなと思い始めてきた……('A`)
ただ、狙いのシャックは相変わらずLALから出る気あるみたいなので・・・シャック、獲れるといいですね(・ω・ ) 

他ではDENがキャンビーと長期高額オファーで再契約とな。
6年$60〜65mil・・・。
キャンビーに長い契約は怖い(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 
皆思ってるであろう陳腐な感想ですが。
まあDENはキャップに余裕あるし正解なんすかね。
でも・・・DENファンには悪いけど嫌な予感がします。
posted by berger at 00:46| Comment(2) | TrackBack(0) | NBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月03日

サッカー:レイソル、動く

柏の新監督は早野かあ。

レイソルは1st15位。
監督交代は頷ける。
ただ池谷氏はこのままバッサリなんすかね。
柏一筋のサッカー人生で、おそらく選手からの人望はあったのだろうし、今後どう処遇するんでしょう。

しかしダジャレ王かぁ
監督やらせるより解説やらせたほうが見てる側からすると楽しいし、多分柏サポ的にもそのほうが・・・(;´Д`)

実際問題、早野じゃ多分勝てんゾ。
早野って現有戦力にふさわしい結果と大体同じ、もしくはやや斜め下あたりの結果を出す印象が・・・。
開幕前、金かけて補強したけど上手くいかなかった柏。
リスタート前にキッチリ金かけて追加補強できるかが早野政権の命運を握りそう。
現有戦力で早野だと苦労しそう。




・・・よく見たら契約期間半年なんすね。
記事書いた後気付いた。
こりゃ来年までの繋ぎか?
今年はJ2降格枠ほとんどないし。
そんな事やってると降格したりして。
社長は言い訳してますが、正直苦しいですなぁ。
「柏レイソル日本一プロジェクト」(3カ年計画)に、目標は『Jリーグ制覇』〜卓越した選手と戦術の保持〜、ねえ・・・。
3カ年計画計画はいきなりの軌道修正だろうし、卓越した戦術を保持するため選んだのがダジャレ王というのは・・・。
言うは易し、ですね。(´・ω・`)
posted by berger at 07:44| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月02日

サッカー:ジーコ様。勘弁してやってください!

キリン杯代表辞退したはずなのに
メッシーナ合宿参加したかったのに

なにやら柳沢の怨嗟の声が聞こえるようですが・・・・(|| ゚Д゚)
いやジーコ様、ホントに勘弁してやってください!・゜・(ノД`)・゜・。
メッシーナ合宿こそ柳沢の正念場なのですよ・・・(もう正念場は過ぎ去ったなんて突っ込みはナシで)。

真面目な話クラブで駄目な選手は大抵代表でも駄目なわけ(逆だとそうとは限らんが)で、クラブで使えている選手を選んでこその代表だと私のような素人は思うのですよ。
でもジーコ様は我々素人や凡人とは異なる視点で選手を評価してるフシがあるからなあ。
それにしてもジーコは自分の仕事のためには他人の立場など一顧だにしない酷薄な人間ですな。
まあジーコの負けず嫌いエピソードの数々を耳にしてきた鹿サポなら、さして驚くような事実ではないですが。
監督という職業、目先の勝利のためにやれることはすべてやるというのは正しい姿ではあると思いますが、別のアプローチもあるんじゃないかと・・・。

とにかく本人が「断固拒否」することが正しい選択でしょ。
クラブ側はもちろん本人が「断固拒否」ド━(゚Д゚)━ ン !!! 
そしてメッシーナで結果を残したら・・・、ジーコ様、あの時のご無礼は勘弁してやってください、と平身低頭して代表に選んでもらいましょう、ってかそんな必要もなく選びますなジーコなら。
ホント、ジーコ様。勘弁してやってください!!m(_ _)m

ところでこのクラブも怒ってますね、なんか。
でも久保はJリーグ、強行とはいえ出続けてたわけで、あまり同情心が沸いてこないのは、FMに対する僻みですか、そうですかw
posted by berger at 13:25| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NBA:で、今度はビンス?

次から次へとまあ

どうなることやら。
話が現実味を帯びてくればINDとのトレード話も出てくるんすかねぇ、やはり(結局気になるのはソコですか)。
いやいやNBAはオフも楽しませてくれるなあ。
TORはローズ・カーター・マーシャル・ボッシュが健康なら東でソコソコ以上にやれるとも思えるのですが・・・。

しかし実際トロントってどうなんですかね。
この前偶然にもトロントに行く機会があったんですが、やはりトロントではラプターズよかメープルリーフス(NHL)なわけですよ、もう断然(行ったのがバリバリのNHLプレイオフ期間中ってのもありますが)。
スポーツ用品店とかでもラプタの存在感などまるで霞んでました。
カーターはそんなバスケが人気面で劣勢な土地で唯一(?)営業面で支えになる存在。
おいそれとは出せないでしょう。
契約もまだまだ途中だし。
先日のマグのようにはいかんでしょ、きっと。
posted by berger at 13:01| Comment(2) | TrackBack(0) | NBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NBA:ナッシュ出戻り?

決まりなのかな

サンズ的にはFA戦線でコービー撤退、ナッシュに全力した結果報われたわけで、6年65millionはちと高いがまあ許容範囲内だと思うのですが。
まだタックスラインには届いてないかと思うので、FAでもう一人・・・誰を持ってこれるか。
オクァーあたりなのかそれとも・・・。
なんにせよナッシュ、マリオン、アマレと楽しげなスターターですよ。

マブスはやっぱりシャック狙いなのかのう・・・。
とりあえずデヴィン・ハリス獲ったのはナッシュ引き止める気がなかったってことなんすかね、今となっては。
裏目に出るに一票。
posted by berger at 12:28| Comment(2) | TrackBack(0) | NBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカー:リベルタドーレス決勝2nd

今見てたんだけど、オンセ・カルダスが勝ったよ!∩( ・ω・)∩
・・・別に∩( ・ω・)∩するほどオンセ・カルダスが好きなわけじゃないんだけど(むしろ退屈ぎみなサッカーでイヤン)、解説の金田さんのボカびいきが目に余ったので、PK戦でボカの選手がしょぼくれた風情でPK外す度に∩( ・ω・)∩な気分に。
いや別に金田さん自体は嫌いじゃないでんすよ、むしろ好き。
まあ一種の判官ビイキってヤツですよ。
自分は縁もゆかりもないスポーツ見るときは、この視点ばっかですw
posted by berger at 12:09| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿:さようなら、そしてありがとう熊谷

鹿島アントラーズ 熊谷浩二選手のベガルタ仙台への完全移籍が決定

ちと遅いニュースですが・・・。
非常に好きな選手だっただけにやたらと寂しい。
ただ、最近では度重なる怪我から復帰するたびにプレーのスケールが少しづつ小さくなっているように思っていたので・・・、まあ理性では仕方ないかなとも思い、気分的にはある程度整理できている。
でも、長いこと鹿島を見てきている人間なら、鹿島への情熱の多寡に関わらず、その喪失感は大きいだろう。
そして当然その情熱が大きければ大きいほど喪失感はあるハズ・・・。
今や自慢できるほどの情熱を持ち合わせていない自分でさえも、この喪失感はかなり大きい。
なんせ強かった頃の鹿島、自分的な表現で言えば楽しいサッカーをしていた頃の鹿島の象徴的な存在だったのだから(苦しみもがいている今の鹿島であまりプレーしていないことが、彼を美化させる大きな要因ではあろうが)。
中盤下がり目のポジションから最前線に長駆して敵ゴール前に飛び込んでいくあのダイナミズム・・・。
嗚呼・・・( TДT)
なんか書いてて切なくなってくるのでこの辺でやめやめ。
とにかくとりあえず仙台に行っても彼のプレーは追いかけますゾ(`・ω・´)
そう、このプログはそういう自戒を忘れないように書き連ねるためのものなのだ、今思い付いたのだが。
posted by berger at 11:13| Comment(4) | TrackBack(1) | 鹿島アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思い立ったが吉日

というわけで、日々雑記的なものを書き綴っていこうかと思います。
主にJリーグ(鹿島アントラーズ)、NBA(Indiana Pacers)、NFL(KansasCity CHIEFS)がネタになるのでしょう。
どうなることやら。
posted by berger at 11:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。