2004年07月30日

本家「つれづれなるままに雑記」へのご案内

シーサーのアクセス解析が正確なのかどうかわかりませんが、この「つれづれ2nd Edition(緊急避難所)」へ迷い込まれている方もどうやらいるっぽいので、一応ご案内。

本家「つれづれなるままに雑記」はこちらです。
なんにもないですが、よろしければどうぞ。
posted by berger at 06:21| Comment(39) | TrackBack(8) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月24日

NBA: グッデン放出!相手は・・・

え・・・。

グッデン放出!
前々からそんな話はありましたが、しかし。
T・バティエ+ドラフト2巡目2つ(CLE)⇔グッデン+ハンター(ORL)
工エエェェ(´д`)ェェエエ工
ん?ORLはヴァレジャノ(今年の2巡目で獲得したブラジリアン・センター)も出すの?わざわざ契約買い取って。
・・・ORL、絶っ対に損してると思いません?
サマーリーグでドラ1ルーキー、ドワイト・ハワードによっぽど目処が立ったのか?
それにしたって自分はグッデンはキープだと思ってましたわ。(純粋に戦力的にもドワイトに対するリスク管理という意味でも)
このトレードが成立したってことは、ORLフロント的に『ドワイト獲得=グッデン放出』の方程式が出来上がっちゃってたんでしょうなぁ、絶対間違っているような気がするけど。
トレードするにしても、もう少し良いディールはなかったのか、もしくは待てなかったのか?
うーむ。
やはりORLのフロントは・・・。_| ̄|○

一方のCLEはブーザーの穴埋めに、まがりなりにも成功。
いや、考えうる最適な方法で穴を埋めたと言えよう。
・・・どう見たってCLEのメリットしか見えぬわっ!ヽ(`Д´)ノ
posted by berger at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | NBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポーツ: ツール・ド・フランス 第18ステージ「ガルシアコスタの悔恨」

フレチャが逃げてるワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!
で、今日の放送は始まりましたワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!
総合はもう決まっちゃったし、よし決めた、おじさんはフレチャを応援するゾ!
逃げてるのはフレチャを含め6人。
・・・フレチャ、頑張れよ。

集団、のどかなムードだなぁ。
ランスの表情も緩い。マターリ( ´∀`)
ウルリッヒと談笑しているランス。
談笑
ま〜だ明日一応TTがあるんだけど・・・、なんかもう終わりだなぁ、って感じ、しません?
の━━━━━⊂ ´⌒つ´∀`)つ━━━━━んびりっ。
山よ、さらば〜。( ゚∀゚)ノシ
というわけで、残り40q。
先頭の6人に動きはなし。
まあゴールまでに誰かは仕掛けるでしょ。
残り10q切ったくらい、最後の4級山岳の下り入ってからが勝負どころかなあ。
フレチャが仕掛けるに一票。
はてさて。

残り15q手前、まずジョリが仕掛ける。
5人、追いついてさらにメルカド!
メルカドがどんどん仕掛ける。
これはアタック決まったか?
ガルシア・コスタが追う。
それにつられて他の4人も追い始めるか。
ガルシア・コスタ、メルカドに追いつく。
4人は追えないか・・・。
ここで遅ればせながらフレチャがイッタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
ほんと、遅ればせながらだが。_| ̄|○
このフレチャのアタックでジョリ一人遅れる。
2人vs 3人の戦いに。
後ろの3人、追いつけるかなぁ。
残り10q、ジョリが3人に追いつきそう。
ようするに後ろの3人が遅いってことだ。_| ̄|○
こりゃ前の2人で決まりだな。
やっぱこういう展開、後手に回るとキツいや。
駆け引きするなら前に追いついてからにしてもらいたいもんです。
残り5q、前の2人と後ろの4人との差、約30秒。
残り3q、差は20秒、4人ローテが効いてきたか徐々に追撃体制に。
間に合うか?
残り1q、後ろを振り返る2人!
後ろから迫る4人、だがこの距離なら2人逃げ切れそう。
ゴール前500mくらいか、メルカドに前を促すガルシア・コスタ。
ここは駆け引きをしている場合ではないということか。
しかしメルカド、中々前に出ない。
残り200m、メルカド仕掛ける!!
一瞬反応が遅れるガルシア・コスタ。
ともに激しいスプリント!
勝ったのはメルカド!!
競馬で言えば、1番人気の馬をマークしてキッチリ差し切った2番人気の馬、みたいな(比喩下手
これはしてやったりだなぁ・・・。
ゴール後、ガルシア・コスタの悔恨のポーズが印象的だった。

集団では新人賞、スプリント賞の争いが激化。
特にマキュエン、ハスホーゥト、ザベル、オグレディの4人が僅差で争うスプリント賞争いが激しい。
山岳以前の力関係だとマキュエンが優位に立っていたが・・・。
集団残り1Km、Tモバイルが引っ張る。
そしてスプリンターの各アシスト達が前に出て引っ張り始める!
スプリンター達、なだれ込むように一気にゴールへ!
勝ったのは、マキュエン?ハスホルト?オグレディ?
上空からの映像を見ると一目瞭然、ハスホルトだ!
続いてマキュエン。
これでハスホルトはマキュエンに1P差を詰めた。
たった1Pではあるが・・・。
この激戦振りを見ると、スプリント賞争いは最後までもつれそう。
マキュエンが有利だとは思うけど、さてどうなりますかねぇ。
posted by berger at 12:59| Comment(1) | TrackBack(0) | ツール・ド・フランス 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NBA: またまた置いてけぼり

なわけですが、気になったニュースを。

ブラデ・ディバッツ御大がLALに出戻り

ブラデ→シャック→ブラデ
LALは結局Cには苦労しないのかなぁ。
どうせならLALはEジョーンズ引き取って、90年代中盤の微妙なるLALを再現してほしかったなぁ。
バンエクセルも連れてくればカンペキだ!
しかしSACファンには悲しい出来事だと思う。
長く見守ってきた愛着あるメンバーが少しずつ解体されていくというのは寂しいものが・・・ね。
まあ同じチームを一定期間応援し続けると必ずぶつかる、必然的な悲しみであり寂しさでありますが。
こういう悲しみ寂しさを味わうことができるのも、スポーツファンとしてはある意味冥利だし、今のNBAでは貴重な類の感傷だと思うのです。
喜びと悲しみは等価交換、みたいな(意味不明

3時にまた記事UPできなくなるので取り急ぎ他の動きの感想を。

スノウ(PHI) ⇔ ケードリック・ブラウン + Kオリー(CLE)
結局スノウはオブライエンの構想外だった、ということでしょうか。
外がないからねぇスノウは。
これでオブライエン就任時からちらほら聞かれていたAIのPGってのが現実に。
ううむ、AIファン的には良いんだろうが、はてさて。しかしCLEがスノウを欲する事情が見えてきませぬ。誰かご教授を・・・。

うわ、時間がねえ、とりあえずさようなら〜
posted by berger at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | NBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フッカ━━━━━(゚Д゚#)━━━━━ッツ!?(4回目)

結局、『フッカ━━━━━ヽ(`Д´)ノ━━━━━ッツ!?(3回目)』もぬか喜びに終わり、その後ロクに更新できないまま休日は過ぎ去ってしまったわけですよ。
で昨日、仕事から帰ってみるとJugemからこんなメールが。

「7月26日月曜日正午までに状況の改善がなされない場合、ベータテスト版から移行されたユーザー様のサイトを移行前の状態に戻させていただきます。また、正式版開始後にご登録いただいたユーザー様のサイトも、ベータユーザー様の移行作業前の環境となることで、接続し難い状態の改善がされる様にいたします。」

工エエェェ(´д`)ェェエエ工
それができるんならとっととやっとけと_| ̄|○
今、復活つっても重いしpingは打てないし(打てる方法があるのかなぁ?)で不具合多いし…。
ホント、なんだかなぁ。
・・・などと、のんびり記事書いてたらJugem開発日記のほうにこんなアナウンスが・・・。

本日7月24日午前3時〜午前6時までサーバメンテナンスのため、接続が出来なくなります。
この間データベースの調整と、WEBサーバの検証・改善作業を行います。

このメンテナンスによって、閲覧速度を向上させることが出来るよう
サーバ環境の最適化を図ります。

ご迷惑をお掛け致しますがどうぞよろしくお願い致します


工エエェェ(´д`)ェェエエ工
こりゃ今見てるツールの記事のUPはまた先送りだなぁ。
もうとっととベータテスト版に戻してくれていいよ。
正直自己満足雑記ブログ運営者としては記事さえUPできりゃ良いわけで。
余計な足掻きは非常に迷惑だ。ヽ(`Д´)ノウワーン

ちなみに今回の件で教訓を得たので、今度何かあったときようにつれづれ2nd EdtionをSeesaaに用意しました。
まだボロボロですが。
少しずつ整理していこうかなとも思ってはいますが、どうなることやら。
しっかし、こんな経験を重ねることでズブの素人は少しずつ教訓を得て賢くなってゆくものなのですネェ(違
posted by berger at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポーツ: ツール・ド・フランス 第17ステージ「本能」

ツールの記事、全然速報性なくなっちまってるな・・・。(´・ω・`)ショボーン
18ステージはこれから録画見てすぐUPできればするけど。
それもこれも全部Jugemのせいだ!
まあもともと誰のニーズもないだろうからかまわないんだけどさ。
腑に落ちないものが心に残るゼ・・・。


今日は1級山岳が3つに超級のマドレーヌがあるという過酷なコースレイアウト。
ただし大きな山2つがレース前半にあるため、序盤に仕掛けるという意味ではリスクが高く難しいように思われる。
前半の山と後半の山の間に下り〜直線区間があるのも、先に仕掛けた場合のネックか。
後半にある2つの1級とて小さい山ではないので、やはり終盤のステージ優勝狙いの選手達の死闘が注目か。
一応チーム優勝争いってのもあります、TモバイルとCSCのね(個人的には興味湧かない。
マイヨジョーヌ争いにほとんど区切りがついてしまっているのが寂しくてならないんですが。
まあステージ優勝者争いを暖かく見守りましょう。

とかいってたら、スタート直後からいきなりアタック。
シメオーニとバルトリ、さらに背後から3人くらい。
3人の中にはシモーニ!
ここで見せ場をつくる気か。(`・ω・´)
シメオーニ、バルトリ、シモーニ、アルダーク、マルチン、この5人で200?超の距離を逃げ切ることが出来るか?
集団からはリアクションなしかと思いきや、さらに2人が逃げる。
USP、この2人は潰しにかかる。
集団を早く落ち着かせるためにもこの2人は潰す、ということか。
早い者勝ちかよ!
潰されたアスタルロサ、しつこく逃げようと再度アタック。
USP、ここは逃がしてあげる。

エラスがリタイヤしたというニュース。
エラスも期待されながら、序盤からトラブル続きで山岳に入っても持ち味を発揮することなく。
ランスとの元主従対決、見たかったなぁ。(´・ω・`)

5人は1つ目の山頂を向かえ、大集団との差は4分。
そして5人と集団との中間に位置するアスタルロサ。
孤独、実に孤独。
行くも地獄引くも地獄。
ここでアスタルロサ、落車の報。
散々です。( ´Д⊂ヽ
下り中、集団からモローとヴィランクが抜け出る。
しかしなんかあちこちでパンク続発しとるな、誰かマキビシでも撒いたか?(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

マドレーヌの登りに差し掛かり、モローとヴィランク、アスタルロサを捕らえる。
アスタルロサ、喰らいついていけるか。
どうも駄目そう…。
ホント、散々でしたアスタルロサ。(ノД`)

カテゴリーS級のマドレーヌ、集団は続々と淘汰されていく。
一方モローとヴィランクのフランス人コンビ、前との差をどんどん詰める。
先頭はバルトリが遅れ4人に…、そしてバルトリの直後にはモローとヴィランク!
あっけなく置いていかれるバルトリ。
頂上までに先頭4人に追いつけるか、山頂まで2?、差は1分を切っている。
ここでヴィランク、モローを置いて行く。
ヴィランク、頂上の山岳ポイントを狙って怒涛の追跡。
ここまで山岳ポイントにこだわりを見せられると、これはこれで潔いというか美しい!(n‘∀‘)η
山頂直前、ついにヴィランクが先頭のグループ・シモーニを捕らえる!
シモーニとヴィランクが意地の張り合い!
どっちが山岳ポイントを取るか?
シモーニは山岳ポイントは全然必要ないので、これはもう完全にクライマーとしての互いの意地のぶつかり合い!
結局、マドレーヌの山頂を制したのはハナ差でシモーニ!
いやぁ見応えあった〜。∩(´∀`∩)

マドレーヌも下りを終え、短い直線区間に入った時点で先頭集団とグループ・アームストロングとの差は7分40秒。
これはもうこの体制のまま落ち着くのか、それともバッソなりウルリッヒなりが集団から仕掛けるか…。
いずれにせよ答えは後半の峠までお預け。
先頭集団は下りで合流したヴィランク、シモーニ、モロー、アルダーク、マルチン、シメオーニの6人。
残る山岳ポイントは2級、1級、1級と立て続けに3つ…。

直線区間でCSCがUSPに加担して大集団の先頭で追い始める。
先頭との差があっという間に5分を切る。
この行為、意味不明。( ´゚д゚`)えーーー
バッソの2位固め?チーム成績のため?(アルダークはTモバイル)
下らん。
シモーニとバッソの差は約12分。
本当に下品なことをするものだ。(`Д´)
こうなると観てる側からすると、まずTモバイルを応援したくなるものだ。

今日3つ目の2級山岳に差し掛かった段階で、先頭集団からシメオーニ、マルチンが遅れる。
ヴィランク、シモーニ、モローが交代で踏めばペースは上がるか。
後ろの大集団からはCSCのフォエクトがアタック!
初手はCSC、そうだよ動かなきゃつまんないよ!
続くのはどこだ?
エウスカルテルのフロレンス!
フォエクトを置いていくフロレンス。
さらに続くか?続かなーーーい!つまんなーーーーい!!(´ロ`ノ)ノ
しかしフロレンスは飛ばしている。
ここまで不遇をかこっているエウスカルテル、一矢報いるアタックになるか。

今日4つ目の山岳突入。
登頂半ばにして先頭集団から健闘していたアルダークが脱落していく。
と、同時に大集団ではクレーデン&ウルリッヒのTモバイルが前にきてペースを上げ始めたか?
そろそろゴールへ向けて勝負の予感漂う。
残り50?、先頭グループとの差は4分。
山頂前にフロレンスが集団に捕まりそう。
エウスカルテルは今日も報われない展開。(´・ω・`)
そして先頭集団は4つ目の山岳ポイントを通過していく。

集団と先頭との差は詰まる一方の展開で、ついに最後の山岳に。
ついにバッソ、動く、サストレとともに動く。
USPは当然潰す。
余裕しゃくしゃく。( −_−)
サストレが再アタック、集団を抜け出す。
こんなつばぜり合いを繰り返す内に、先頭のヴィランク、モロー、シモーニとの差は30秒。
シモーニの200Kmを逃げんとする壮大な計画はここにて頓挫。
遂にサストレに捕まる。
モローとシモーニは置いていかれる中、一瞬抵抗するヴィランク、だがもう脚は残っていない。
チームメイトのサストレが前に出ている状況下、バッソは動くか?
しかし集団を引くのはランディス、強力。
そうこうしているうちにサストレ、集団に吸収される。
これでCSC2人、Tモバイル2人、USP2人の計6人の先頭集団に。
こうなると脚使った分サストレ厳しいかなぁ。
バッソは勝負するタイミングを失した気がする。
サストレが集団から遅れはじめる。
CSCとしては厳しい展開に。
最後の山岳ポイントはランディスがトップ通過。
USP、この期に及んでも先頭集団に残って引き続けるランディスの存在がすごい。
そして下り、抜け出すランディス!
恐るべし、USPアシスト勢が一人ランディスの実力。
そしてカメラがあっちこっち映している隙にバッソが遅れているようだ。
おっとウルリッヒが行った!
…、と思いきややめた?
結局まとまっていく先頭。
うーん、行けるなら行くべきだと思うんだが…、下りで一時的にバラけただけだったんだろうか?
何はともあれ、先頭集団はクレーデン、ウルリッヒ、バッソ、アームストロング、ランディス。
総合上位4人+USP強力アシストのローテーション!
残り2kmを切り、ゴール前の登り勾配に差し掛かったその時、ランディスがアタ━━━━━(゚∀゚)━━━━ック!!
4人、ここは追いつく。(ランス、逃がしてやらんのか…?
残り1?、今度はクレーデンが仕掛ける!
4人、反応できない。
しかしランディスが中心になって追い始める。
このUSPのアシストは本当に強い…。
クレーデン快走。
最後のコーナーを回り残り200m、勝利を確信か。
ここでランス・アームストロングが踏む!!踏む!!
伸びてくる!!
勝利を半ば確信し脚を止めかけたクレーデンにアっという間に追いつく!
最後はスプリント勝負に!
アームストロング、クレーデンをゴール前でねじ伏せゴール!

本当に、本当に強すぎる…。_| ̄|○

最後、クレーデンは油断してしまったが、それを非難することは出来そうにない。
とにかくアームストロングのレーサーとしての本能がレースを支配したとしか言いようがない。
だってクレーデンのあのスパートが綺麗に決まったとき、今日はクレーデンだなって思いましたもん、少なくとも自分は。
恐るべしはアームストロング、そして最初にクレーデンを追う姿勢を示したことでそのアームストロングの本能を引き出させたアシストのランディス、でしょう。
結局、『USポスタル磐石ド━(゚Д゚)━ ン !!!ランス・アームストロング最強ドド━(゚Д゚)━ ン !!!』ってことなんだよな…。
posted by berger at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ツール・ド・フランス 2004 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月23日

雑記: 緊急避難

JUGEM騒動に巻き込まれ、本拠地から緊急避難してまいりました。
JUGEM XMLのインポートってやつを使ったんですが、表示、ボロボロっすな。
おいおい修正していければ。
まあ本音を言えば本拠地でつつがなく暮らせるのが一番なんですがね。
posted by berger at 11:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月22日

鹿: いったい鹿島のフロントは何をやっているのか!?

新潟が元神戸FWオゼアスを期限付き獲得

工エエェェ(´д`)ェェエエ工
ほ、欲しいっ。
開幕前から欲しかったが、この状況にいたると欲しすぎる。(´Д`;)
ん?なに?金がない?(°Д°)ハァ?
外人の一人も補強できないほど金に困ってるんならJ2に落ちるしかないでしょ!ヽ(`Д´)ノウワーン
いやマジでさ。

金があるのに補強しないなら、それはフロントの怠慢ですよ。
今の牛島&セレーゾ体制化だと、勝てなきゃ客が入らないってことはもう痛いほど分かったはずだろ!
勝つ気ないなら「奪冠10」なんてのたまうなぁっ!(゚Д゚)ゴラァァァァァァァァァァァァァア!!!!!(これが言いたかった
posted by berger at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿島アントラーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記: 無料ブログってこんなにたくさんあったのね

こんな無料ブログ比較記事を拝見する→【仲間】無料でブログを楽しみ尽くしてみた【ブロガー】

なんでJugem選んじまったかなぁ(しみじみ
わずか10日で外的要因から頓挫を余儀なくされた今、つくづく後悔しとりますわ。(;´Д`)
ココ、割と衝動的に立ち上げたんですが(アノいい加減なタイトル見れば察していただけるかと)、もう少し調べてからにすればよかったな。
まあ今回の騒ぎがなきゃ、そんなこたぁ思ってないんでしょうが。
Jugemは『初心者にはお勧め出来ず、デザイン的にもお勧めしない。』だそうで…。
バリバリの初心者のおいらはやっぱし違うところで始めるベキだったのか、と。_| ̄|○

しっかし未だにちゃんと記事UPできんのだが。
半端な状態で管理画面いじらないほうがよいのかな。
でもそんなアナウンスないしねぇ。
posted by berger at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フッカ━━━━━ヽ(`Д´)ノ━━━━━ッツ!?(3回目)

( ゚∀゚)ノィョ―ゥ
しかし、いったい何度ぬか喜びせなきゃならんのよ。
今回もまだ動作が不安定なようですが…。
とりあえずいつまた管理画面が使えなくなるかわからないので、UPできそうな記事は急いでア━━L(・ω・L)━━ップ!
重くてなかなかままなりませんがネ。
…なんでこんな不安と苦労をかかえてブログやらなきゃならんのだ。_| ̄|○

実は私、昨日今日と休日でして、その間に復旧しなきゃSeesaaブログあたりへの移転を検討しておりました。
まあ、今も予断は許しませんが。

しっかしJugem騒動に巻き込まれ、すっかりおさびし山と化しましたなぁ、このブログも、まあ開設10日のブログだから元々おさびし山といっていい体たらくでしたが。・゚・(つД`)・゚・
騒動の顛末はココとかココで。
なんにせよ、1からのスタートですわ。
なんたって初めて10日で今回の騒ぎに巻き込まれ、10日間まともに更新できなかったんですから。
…ったく、やれやれダゼ┐(´д`)┌
とりあえず、Seesaaブログにでもバックアップ用に記事少しずつ移そうかなぁと思いつつ、そこまでするほどのこと書いてないしなぁとも思う今日この頃。
posted by berger at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。